【川崎記念(川崎・JpnI)】ホッコータルマエ3連覇、ついにGI・10勝の記録達成 [News]
2016/01/27(水) 17:06

27日(水)、川崎競馬場(晴、良)で第65回川崎記念(JpnI)が行われ、1番人気のホッコータルマエ(JRA)が、2番人気のサウンドトゥルー(JRA)の追い比べをアタマ差制してGI・10勝目を挙げた。

レースは好スタートを切ったサミットストーン(船橋)がやや離し気味の逃げに持ち込み、マイネルバイカ(JRA)、パッションダンス(JRA)が追走。大きく離れた4番手にホッコータルマエ。3番人気のアムールブリエ(JRA)、サウンドトゥルーは中団につけ、カゼノコ(JRA)は後方からの競馬となった。

2周目4コーナーで逃げたサミットストーンを早めに交わしに出たマイネルバイカを追って、ホッコータルマエとサウンドトゥルーが一気に差を詰め、アムールブリエも前を追った。

直線では先に抜け出したマイネルバイカの外から、先にホッコータルマエが交わして先頭に立ち、サウンドトゥルーが並びかけ、ゴールまで追い比べが続いた。最後はホッコータルマエがわずかにアタマ差、サウンドトゥルーを振り切った。タイムは2分14秒1。3着にはアムールブリエが入り、先行したマイネルバイカが4着、カゼノコが追い込んで5着と、JRA勢が掲示板圏内を占めた。地方馬の最先着は6着のケイアイレオーネ(大井)だった。

ホッコータルマエは父キングカメハメハ、母マダムチェロキー(母父Cherokee Run)の牡7歳・鹿毛。JRA栗東・西浦勝一厩舎所属。2012年1月デビュー。同年8月のレパードS(新潟・GIII)で重賞初制覇を決め、ダート路線で頭角を現す。2013年には佐賀記念(佐賀・JpnIII)から5連勝を飾り、かしわ記念(船橋・JpnI)、帝王賞(大井・JpnI)を制覇。その後も、ダート路線の頂点に君臨。昨秋はJBCクラシック(大井・JpnI)3着、チャンピオンズC(中京・GI)5着、東京大賞典(大井・GI)2着と連敗を喫したが、2016年初戦のこのレースを勝利し、川崎記念3連覇とともにGI・10勝の記録を達成した。通算33戦17勝(中央17戦6勝)。川崎記念3連覇は1985~1987年のカウンテスアップ(大井)以来2頭目。

【レース後のコメント】

1着 ホッコータルマエ(幸英明騎手)
「GI・10勝までに時間がかかりましたが嬉しいです。私はいつもウイニングランをしないのですが、今日はテンションが上がって、ウイニングランをしました。前走、前々走もいい状態でしたし、いい意味で平行線でした。前で競馬をしようと思っていましたが、サウンドトゥルーにはずっと負けていたので、それを意識して競馬をしました。サウンドトゥルーがいつもより早めに動いてきましたが、この馬もいい脚を使うので、遅れないように一緒に動きました。手応え十分で、最後までしっかりと伸びてくれました。川崎記念はそんなに離して勝つことはありませんが、渋太く頑張ってくれました。嬉しい気持ちと、ホッとした気持ちです。これからも気を引き締めて頑張っていきたいと思います。弱点がなく、すべてにおいて高いレベルで丈夫な馬です。先生からは今後について何も聞いていませんが、今年もいい結果を残せたらと思います」

(西浦勝一調教師)
「やっとここまで来れたというのが本音です。それだけ応援してくれたファンに感謝の気持ちで一杯です。秋になってから、GI・10勝という数字が頭から離れなかったので、なんとか早く達成させてあげたいと思っていました。力があるのに、なかなか勝ちきれない、もどかしいレースが続いていました。戦うたびに状態を上げて、この馬には頭が下がる思いで一杯です。ジョッキーとは、レースのことは一切話していませんでしたが、幸騎手が馬を信じて、焦ることなく、ちょうどいいタイミングで乗ってくれました。安心して見ていられました。最後は、頑張れと思って、馬を信じてみていました。『やった』という感じです。今後はドバイへ向けて準備して、なんとか昨年よりいい成績で帰ってきてほしいと思います」

2着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「思い通りの位置につけられましたが、最後は相手のしぶとさに負けました」

3着 アムールブリエ(浜中俊騎手)
「前2頭は牡馬の一線級でしたし、それを相手によく頑張ってくれました。距離は長ければ長いほど良いです」

4着 マイネルバイカ(柴田大知騎手)
「がんばっています。3着に残ったかなと思いましたが、悔しいです。ミルコの馬に突かれてしまいました。楽な2番手だったらよかったのですが、厳しい競馬でした。しかしこの馬も具合がよく、力をつけています」

5着 カゼノコ(秋山真一郎騎手)
「今日はずっと左手前で走っていました。どこも手前を変えるところがありませんでした。普段は変えてくれるんですが、見えない疲れがあったかもしれません。その中ではいいパフォーマンスをしてくれているんですが...」

10着 パッションダンス(M.デムーロ騎手)
「いいスタートでいいポジション、いい手応えでした。何度手前を変えても、問題はなかったのですが、向こう正面で止まってしまいました。それで終わりです。なぜかはわかりません」

(取材・米田元気)