10月15日(火)「南部杯(JpnI)はエスポワールシチー(JRA)がこのレース3勝目を飾る」ほか [全国競馬情報]
2013/10/15(火) 18:06

●● 南部杯(JpnI)はエスポワールシチー(JRA)がこのレース3勝目 ●●

 14日(祝・月)、盛岡競馬場(晴、ダート:良)で第26回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI、ダート1600m、13頭立て)が行われた。
 好スタートから2番人気のエスポワールシチーが先手を取ってマイペースの逃げを打ち、1番人気のホッコータルマエ、3番人気のグレープブランデーが2番手につけ、5番人気のセイクリムズンはその直後の位置からレースを進めた。
 エスポワールシチーが4コーナーから後続を引き離すと、ゴール前で猛追してきたホッコータルマエの追撃を1馬身1/2差振り切って優勝。勝ちタイムは1分35秒1、勝利騎手は前週から復帰した後藤浩輝。
 ホッコータルマエが2着に入り、3馬身差の3着にセイクリムズン。6頭が出走したJRA勢がそのまま上位を独占した。
 エスポワールシチーは父ゴールドアリュール、母エミネントシチー(母父ブライアンズタイム)の牡8歳、栗毛。栗東・安達昭夫厩舎所属。これでマイルチャンピオンシップ南部杯は2009年、2012年につづいて3勝目で、GIは8勝目を挙げた。通算37戦16勝(中央24戦9勝)。

●● 重賞レースの結果 ●●

<13日(日)>
 ばんえいの帯広競馬場(晴、馬場水分3.0%)では2歳重賞の第36回ナナカマド賞が行われた。
 第2障害を6番手で下りた最内枠の7番人気・ホクショウメジャーがゴール前で逃げ粘るゴールデンフジを差し切って優勝した。勝ちタイムは1分41秒9、勝利騎手は松田道明。
 1番人気のゴールデンフジが2着、一旦は先頭に並ぶシーンもあった2番人気のハクタイホウが3着、3番人気のホクショウマサルは4着に敗れた。
 ホクショウメジャーは父シュンライズ、母ニシキセンヒメ(母父センシヨウリ)の牡2歳、栗毛。槻舘重人厩舎所属。今年4月にデビューして以来14戦5勝で、これが重賞初制覇となった。

 金沢競馬場(晴、稍重)では3歳馬による第48回サラブレッド大賞典(2000m、11頭立て)が行われた。
 中団の後ろで脚を溜め、2周目の向正面で最内を通ってポジションを上げた1番人気のポセイドンが4コーナーで外に持ち出すと、逃げたルールゴールドを直線半ばで交わすと、後続に2馬身1/2差突き放して快勝した。勝ちタイムは2分12秒1、勝利騎手は金沢の吉田晃浩。
 勝ち馬を追った2番人気のマイネルリボーンが2着、逃げた7番人気のルールゴールドが3着に粘った。3番人気のボーラキアーラは7着に敗れた。
 ポセイドンは父アルデバランII、母プリンセスイブ(母父バブルガムフェロー)の牡2歳、栗毛。金沢の鋤田誠二厩舎所属。JRA未勝利から今年8月に金沢へ移籍。移籍後5戦全勝で重賞初制覇を飾った。通算8戦5勝(中央3戦0勝)。


●● 谷口常信調教師(北海道)、300勝達成 ●●

 15日(火)の門別競馬1レースでモルフェワインが勝ち、管理する谷口常信調教師(北海道)が通算300勝を達成した。6751戦目の記録達成となった。
 谷口常信調教師のコメント「次は400勝目指して、日々頑張っていきます」
(ホッカイドウ競馬のホームページによる)


●● 各地の2歳戦の結果 ●●

<11日(金)>
・川崎競馬場(晴、稍重)
 1レースのスパーキングデビュー(新馬戦、1400m、7頭立て)はスウェプトオーヴァーボード産駒のストロベリーラン(山崎誠士騎手)が1分33秒2で勝利。
 2レースのスパーキングデビュー(新馬戦、1400m、9頭立て)はサクラバクシンオー産駒のミラクルドン(山崎誠士騎手)が1分32秒7で勝利。

・笠松競馬場(晴、良)
 1レースの3組(1400m、8頭立て)はマイネルラヴ産駒のコスモビジョン(大原浩司騎手)が1分32秒1で勝利。通算5戦1勝(中央3戦0勝)。
 10レースの晩秋特別(1組、1400m、10頭立て)はエイシンデピュティ産駒のカツゲキイチバン(佐藤友則騎手)が1分29秒8で勝利。通算3戦2勝。

・園田競馬場(曇、稍重)
 8レースのJRA認定アッパートライ(一組、1400、12頭立て)はサムライハート産駒のオープンベルト(田中学騎手)が1分30秒4で勝利。通算6戦3勝。

<12日(土)>
・盛岡競馬場(雨→曇、ダート:不良)
 1レースのC1二組(ダート1200m、7頭立て)はアルバトロス(関本淳騎手)が1分15秒0で勝利。サイレントディール産駒で5戦1勝。
 2レースのC1一組(ダート1200m、8頭立て)はバラライカ(山本政聡騎手)が1分14秒7で勝利。タニノギムレット産駒で3戦1勝。

<13日(日)>
・盛岡競馬場(晴、ダート:稍重)
 1レースのC2(ダート1200m、10頭立て)はアオチャン(小林俊彦騎手)が1分14秒7で勝利。アドマイヤジャパン産駒で4戦1勝。

<14日(祝・月)>
・大井競馬場(曇、良)
 1レースの25万円以下(1200m、7頭立て)はナイキスパイダー(吉留孝司騎手)が1分16秒5で勝利。マイネルセレクト産駒で2戦1勝。
 2レースの25万円以下(1000m、14頭立て)はイチネンセイ(中村尚平騎手)が1分02秒4で勝利。アジュディミツオー産駒で2戦1勝。

<15日(火)>
・門別競馬場(曇、良)
 1レースの5組(1000m、7頭立て)はモルフェワイン(桜井拓章騎手)が1分01秒4で勝利。ソングオブウインド産駒で6戦2勝。
 2レースの5組(牝馬限定戦、1200m、7頭立て)はドリーミングホープ(小国博行騎手)が1分14秒8で勝利。タイムパラドックス産駒で9戦2勝。
 3レースの未勝利戦(1700m、9頭立て)はゴールドドンナ(坂下秀樹騎手)が1分53秒0で勝利。キングヘイロー産駒で5戦1勝。
 4レースの未勝利戦(1000m、11頭立て)はエムザックムーン(佐々木国明騎手)が1分02秒5で勝利。マイネルセレクト産駒で4戦1勝。

・大井競馬場(雨、稍重)
 1レースの65万円以下(1400m、9頭立て)は船橋のレインボーラヴラヴ(澤田龍哉騎手)が1分30秒6で勝利。マイネルラヴ産駒で2戦1勝。
 2レースの65万円以下(1200m、14頭立て)はロケットボールが1分15秒7で勝利。スウェプトオーヴァーボード産駒で10戦2勝。