【JPNサラブレッドランキング】リオンディーズ、2歳歴代最高値タイの評価を獲得 [News]
2016/01/20(水) 15:22
 JRAハンデキャッパー、NARレーティング担当者によって決定された2015年度JPNサラブレッドランキングが発表された。

 2歳は朝日杯フューチュリティS(GI)を制したリオンディーズが、グラスワンダー(1997年)以来となる2歳歴代最高値タイの116ポンドの評価を得た。朝日杯で2着だったエアスピネルと、ホープフルS(GII)勝ちのハートレーで114ポンドで2位タイとなった。牝馬では阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)を勝ったメジャーエンブレムが111ポンドでトップだった。

 3歳の芝部門では、皐月賞(GI)と日本ダービー(GI)の2冠を制したドゥラメンテが121ポンド、菊花賞(GI)勝ちのキタサンブラックが117ポンドを獲得。3位にはサトノラーゼン、サトノクラウン、リアルスティールが116ポンドで並んだ。

 3歳のダート部門ではジャパンダートダービー(JpnI)を勝ち、古馬相手のチャンピオンズカップ(GI)でも2着と好走したノンコノユメが114ポンドでトップに立った。

 4歳以上の芝部門では香港カップ(香港G1)を勝ったエイシンヒカリが123ポンドでトップ、安田記念(GI)・マイルCS(GI)・香港マイル(香港G1)を勝ってアジアのマイル王となったモーリス、宝塚記念(GI)と天皇賞(秋)(GI)を勝ったラブリーデイが121ポンドとなった。牝馬ではジャパンカップ(GI)を勝ったショウナンパンドラが116ポンドと評価された。

 4歳以上ダートではフェブラリーステークス(GI)とJBCクラシック(JpnI)を勝ったコパノリッキーが117ポンドでトップ。帝王賞(JpnI)などを勝ったホッコータルマエと東京大賞典(JpnI)で年度の最後を飾ったサウンドトゥルーが揃って116ポンドの評価を獲得した。牝馬ではチャンピオンズカップ(GI)を勝ったサンビスタが113ポンドで、牝馬アローワンスを加えるとコパノリッキーと同じ4歳以上ダートトップタイの評価となる。

(JRAからのリリースによる)