【阪神JF】栗東レポート~ディーパワンサ [News]
2016/12/07(水) 14:39
12月11日(日)に阪神競馬場で行われる第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に登録をしているディーパワンサ(牝2、栗東・松下武士厩舎)について、追い切り後の松下武士調教師のコメントは以下の通り。

(前走のデイリー杯2歳S4着を振り返って)
「久々の分、勝負どころでモタモタするようなところがありましたが、残り100mはビュッと来てくれて、前哨戦としては悲観する内容ではなかったと思います。
 欲を言えば勝ちたかったので、80点ぐらいです。
 (右回りは)特に違和感なくこなしてくれたと思います」

(前走後の調整について)
「レース後は馬体の回復が早かったですし、先週はシュタルケ騎手に騎乗してもらって、全体としては速い時計でしっかりとできました。今週は終い重点でやりました。 良い調教ができたと思います」

(今回のレースに向けて)
「一叩きして、次はしっかりと反応できると思いますし、阪神コースも合っていると思います。上積みもあるでしょう。
 先週シュタルケ騎手に乗ってもらって、"体は小さいけど、ハートは大きい"と言っていただきました。
 (体重は)少しプラスぐらいで出られるかと思います。
 すごく良いメンバーが揃って、厳しい戦いにはなると思います。出るからにはチャンスがあると思っていますし、一発を狙って頑張ります。
 (馬の良い所は)スッと折り合うところです。競馬が上手です。
 ゲートの中の駐立で、ソワソワするところがあるので、スタートをしっかりと決めて、レースができればと思います。
 この馬自体は素直で大人しくて、扱いやすいです。度胸があるというか、大人びたところがあると思います。
 今日の追い切りは良かったですし、すごく良い状態でGIに臨めると思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)