【阪神JF】美浦レポート~マルターズディオサ [News]
2019/12/04(水) 17:46
12月8日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に出走予定のマルターズディオサ(牝2)について、手塚貴久調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

「前走は外から力でねじ伏せるような走りで強いと思いました。想像以上で嬉しい誤算でした。新馬は意図しない先行の形になって、ウーマンズハートに負けてしまいましたが、2戦目では出遅れましたが脚を使って好時計勝ち、前走は強い競馬で、一戦ごとに力をつけていると思います。
前走の後、このレースから逆算して、早めに美浦へ戻して調教を積んでいます。量的にも十分すぎるほど乗り込んでいて、仕上がりは問題ないと思います。体重はあまり変わってないように見えますが、見た目にボリュームが出て、華奢な印象から少しドシっとしたようなイメージになってきました。
1週前の追い切りはオータムレッドを追いかけて、手応えは劣勢に見えますが、調教のタイプが違うので、特に問題にはしていません。仕掛けてからの反応が良かったと思います。ジョッキーも好感触でした。
先週はしっかりやったので、やりすぎだけには気をつけようと、今日はポリトラックにしました。こちらが思っているよりも時計が速くなってしまいましたが、それだけ状態の方は気合が乗って、いい感じになってきたのかなと思います。
1走ごとに成長が感じられるので、前走より精神面も体力面も成長が感じられるなと思っていて、ここにチャレンジするだけの資格はあるかなと思っています。元は我が強いタイプだったのですが、そういった部分が影を潜めて、闘志は表に出ないのですが、鞍上の意図が理解できるようになって、大人になったな、というところです。
力勝負になりますし、相手も強いですから、自信満々、というところまではいきませんが、しっかり抵抗できると思っていますし、阪神コースは望むところかな、と思います。入念にゲート練習をしています。練習では納得しておとなしくなってくれていますし、大丈夫だと思っていますが、競馬のテンションで分からないところはあります。
新潟への輸送は経験していますが、阪神はその倍くらいの時間がかかりますからね。できるだけケアができるように、金曜に出発して、スクーリングして臨みたいと思います。(同じ厩舎の)オータムレッドと一緒に輸送しようと思っています。
フルゲートにはなっていないかもしれませんが、上位の数頭はかなり強いと思っています。阪神ジュベナイルフィリーズは何度も使わせてもらっていますが、その中でも強いメンバーになっていると思います。その中の強い1頭になれるように鍛えてきたつもりなので、頑張ってもらいたいと思います。関東馬は少ないですが、暮れの強い2歳牝馬を決めるレースで、出る以上はチャンスがあると思って、少しでもいい成績を収められればと思います」

(取材:山本直)