【阪神JF】栗東レポート~リリーノーブル [News]
2017/12/06(水) 15:02
12月10日(日)に阪神競馬場で行われる第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に登録しているリリーノーブル(牝2、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後の藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

(前走の白菊賞1着を振り返って)
「頭数が少なかったので、どこから行っても勝負にはなるかなと思っていました。スタートが良かったので、良い位置に付けられましたし、抜け出す時も速かったので、内容としてはすごく良かったと思っています。
 最初から期待はしていたので、期待通り走ってくれています」

(前走後の調整について)
「新馬を使ってから3週あったので、体調は整いました。勝ってくれた内容も楽な感じだったので、とりあえず1週間は様子を見ましたが、良い状態にまで来ています。GIですし、頑張ってみようかというところです。
 すぐにレースの疲れは取れましたし、状態は良いと思います」

(調教過程を振り返って)
「中1週ということで、やり過ぎないように気を付けようと思いました。相手1頭を目標に置きましたが、最後まで馬なりというか、無理はしないようにということで指示は出しました。
 思ったより時計が出ましたが、思った通りに最後まで馬なりで、非常に良い動きだったと思います」

(今回のレースに向けて)
「2回、違うコースで走っていますし、どこに行っても物怖じしない、ドシッとした馬なので、コース替わりは特に心配していません。外回りですし、瞬発力があるので、向いているのではないでしょうか。
 牝馬の割りには結構体が大きいですし、飼い葉食いが良いので、思ったように調教ができることが一番の強みだと思っています。
 厩舎では気の強いところも見せますが、落ち着いています。調教に入れば割りとピリッとしますが、普段は扱いやすい、すごく良い馬です。
 スタートが速いので、良いポジションは取れると思います。 直線が長いので、春を見据えるという意味においても、 そこからどれくらいの脚が使えるかなというところです。
 まだ2歳なので、先がありますし、いろいろ教えていかなければいけない部分もあると思います。GIですし、良い状態で来ましたので、精一杯頑張って、勝ってくれれば一番ありがたいです」

(取材:米田元気)