【阪神JF】栗東レポート~ラッキーライラック [News]
2017/12/06(水) 15:00
12月10日(日)に阪神競馬場で行われる第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に登録しているラッキーライラック(牝2、栗東・松永幹夫厩舎)について、追い切り後の松永幹夫調教師のコメントは以下の通り。

(2戦2勝を振り返って)
「2戦とも良いレース内容だったと思います。
新馬戦も前走もそうでしたが、同じような形の競馬で、スタートが決まって、追ってからの反応も良かったです」

(この馬の持ち味は?)
「競馬が上手というか、良い位置で自分から競馬を作れるところだと思います。
新馬戦もそうでしたが、スタートが速かったです。現時点では出来ているとは思います」

(前走後の調整について)
「前走後は、ノーザンファームしがらきへ一回リフレッシュ放牧に出しました。先月に戻ってきました。戻ってきてからも、飼い葉食いもしっかりしていますし、良い状態をキープしています」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)本当に良かったですね。古馬を追いかけて先着しました。速かったです。反応も良かったです。特に問題なく、今日の動きも良かったので、順調です。
 (今日は)両サイドに馬を置いて、どうかというのを見たかったのもありましたし、できるだけ我慢させて最後だけ伸ばしました。本当に抜群の動きでした」

(今回のレースに向けて)
「調教の感じからもしっかりと手前を替えていますし、右回りでも問題ないと思います。
 少し敏感なところがあるので、反応しすぎるのが怖いかなと思います。しかし、それも許容範囲かなとは思っています。
 GIレースなので、そう簡単ではないと思います。現時点ではすごく良い状態をキープしていると思いますので、これを競馬で生かして、良い結果が出れば良いですね」

(取材:米田元気)