【アメリカJCC】栗東レポート ボッケリーニ [News]
2022/01/19(水) 13:04
1月23日(日)に中山競馬場で行われるアメリカJCC(GII)に出走予定のボッケリーニ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

「(前走は)久々を1度叩いて、状態は上がっていたので楽しみにしていました。レースは完璧だったんですが、軽ハンデの前残りの展開に屈してしまった惜しい競馬でした。
中間は間隔が空いていないので仕上げやすかったですし、前走くらいの状態を維持している感じです。
先週はコースで長めから息を作る趣旨でしっかりやって息もできたので、今週は坂路で単走馬なりという、ちょうど良い調整ができました。前走も良い状態だったのをうまく維持できたかなと思います。
(舞台設定は)競馬が上手なので特に問題ないと思います。GIIなので手強い相手がかなりいるな、という印象ですね。
(今回騎乗する横山武史騎手は)素晴らしい、飛ぶ鳥を落とす勢いの成長著しいジョッキーですし、テン乗りになるんですが、うちの厩舎でもテン乗りで結果を出してくれているので、心配よりも期待が大きいと思いますね。
(輸送経路上で)雪予報が出ていたりして、先週も名神が通行止めになったり、新名神も途中通行止めになったり迂回しながら、(輸送に)時間がかかっていましたので、気にはなるところですね。
一昨年の中日新聞杯以来、勝ち星から遠ざかっていますが、それでも応援してくださるファンがたくさんいるので、何とか勝って、ファンの皆さんに恩返ししたいと思っております」

(取材:山本直)