【JBCレディスクラシック(盛岡)】~サンビスタが抜け出して優勝 [News]
2014/11/04(火) 09:26
 3日(祝月)、盛岡競馬場(曇、ダート:重)で第4回JBCレディスクラシック(JpnI、ダート1800m、16頭立て)が行われ、2番人気に推されたサンビスタ(JRA)が従来の記録を1秒4短縮する1分49秒3のレコードで快勝。新女王の座に就いた。

 5番人気だった最内1番ゲートのコーリンベリー(JRA)がゲート内で座り込み、ファンファーレの生演奏と枠入りがやり直しになるハプニングがあったJBCレディスクラシック。好ダッシュを見せたのはコーリンベリーと4番人気のブルーチッパー(JRA)の2頭。内枠だったコーリンベリーが先手を主張して、向正面へ。ブルーチッパー、コウギョウデジタル(岩手)が逃げ馬をマーク。アクティビューティ(JRA)、サンビスタ(JRA)、マイネエレーナ(浦和)、1番人気のワイルドフラッパー(JRA)までが好位、3番人気のトロワボヌール(JRA)は中団を追走した。

 4コーナーの出口でブルーチッパーが先頭に立つと、ワイルドフラッパーが直線半ばで交わしに出る。さらに、残り150mでサンビスタが並びかけ、100mを切るあたりでサンビスタが抜け出してそのままゴールへ。中団から伸びたトロワボヌールがゴール前で2着に上がり、ワイルドフラッパーは3着で、上位人気3頭の決着となった。ブルーチッパーは5着、コーリンベリーは9着。地方勢の最先着はマイネエレーナの6着、地元の岩手勢ではカミノマーチが10着に入った。

 サンビスタは父スズカマンボ、母ホワイトカーニバル(母父ミシル)の5歳牝馬・黒鹿毛。JRA栗東・角居勝彦厩舎の管理馬。今年8月のブリーダーズゴールドカップ(JpnII)でワイルドフラッパーを退け、2度目の交流重賞挑戦で初制覇。前哨戦だったレディスプレリュード(JpnII)ではワイルドフラッパーに敗れていたが、このJBCレディスクラシックで初JpnI制覇を飾った。通算18戦7勝(中央14戦5勝)。

 レース後のコメント(岩手県競馬組合のリリースによる)
 1着 サンビスタ(岩田康誠騎手)
「前に何頭かいる流れはレディスプレリュードと同じで、理想的なポジションを取れました。ワイルドフラッパーが動いたのを見て仕掛けたらいい感じで伸びてくれました。状態も良かったですし、馬場もまったく苦にしませんでした。自分ができることは競馬で勝って喜んでもらえることです。これからも東北にできるだけ足を運びたいと思っています」
 2着 トロワボヌール(田中勝春騎手)
「残念でしたけど、頑張って走ってくれました。これからもっと力をつけていくと思いますし、流れ一つで勝利できるチャンスもあるでしょう」
 3着 ワイルドフラッパー(蛯名正義騎手)
「スタートでつまずいたのが痛かったです。自分から追いかける形になり、相手のペースで競馬が進み、流れが厳しくなりました」