11月7日(木)「北海道2歳優駿(門別・JpnIII)はハッピースプリント圧勝」ほか [全国競馬情報]
2013/11/07(木) 20:31
●●北海道2歳優駿(門別・JpnIII)はハッピースプリント圧勝●●

 7日(木)、雨の降る門別競馬場(重馬場)で行われた2歳馬によるダートグレード競走・第40回北海道2歳優駿(JpnIII・1800m・12頭)は、中団追走、3コーナーから大外を回って進出した、単勝1.5倍、圧倒的な人気を集めた地元ホッカイドウ競馬所属のハッピースプリント(宮崎光行騎手)が直線抜け出し、1分52秒5で2馬身差の勝利。2着に逃げたJRAアースコネクターが粘り込み、さらに4馬身遅れた接線の3着は、追い込んだホッカイドウ競馬のエイシンホクトセイ、頭差4着もホッカイドウ競馬のニシノデンジャラス、2番人気のJRAスマートダイバーは5着だった。

 勝ったハッピースプリントは父アッミラーレ母マーゴーン(その父Dayjur)の牡2歳鹿毛馬、北海道・田中淳司厩舎の管理馬。通算成績6戦4勝、地元門別のダートでは4戦全勝、前走・サンライズカップに続いて重賞2連勝を飾った。


●●マイルグランプリ(大井)はトーセンアドミラルが人気に応える●●

 6日(水)、大井競馬場(晴・重)で行われた重賞・第20回マイルグランプリ(1600m・16頭)は、道中2番手追走から3コーナー手前で先頭に立った1番人気のトーセンアドミラル(川島正太郎騎手)が、10番人気の伏兵ピエールタイガーとのマッチレースをアタマ差制し、1分39秒6で勝利。1馬身半差の3着がソルテ、さらにハナ差の4着ジョーメテオ。

 勝ったトーセンアドミラルは父キングカメハメハ母サンデーピクニック(その父サンデーサイレンス)の牡6歳鹿毛馬、船橋・川島正行厩舎の管理馬。通算成績25戦9勝、8月に川崎で行われたスパーキングサマーカップに続いて重賞2勝目。


●●兵庫クイーンカップ(園田)は笠松のタッチデュールが久々の重賞V●●

 6日(水)、園田競馬場(晴・やや重)で行われた北陸・東海・近畿地区交流の重賞・第10回兵庫クイーンカップ(1700m・12頭)は、道中は馬群の中、5番手を追走した笠松のタッチデュール(東川公則騎手)が直線抜け出し、追い込んだ兵庫のラヴフェアリーをクビ差抑えて、1分51秒7で激戦を制した。さらに半馬身差の3着は兵庫のキューティガビー、1番人気のミラノボヴィッチは8着に終わった。

 勝ったタッチデュールは父タップダンスシチー母タッチノネガイ(その父フレンチデピュティ)の牝4歳鹿毛馬、笠松・笹野博司厩舎の管理馬。通算成績61戦12勝、2歳秋に重賞を2勝して以来、約1年11ヶ月振りの重賞3勝目となった。


●●大井の東京スプリング盃が"フジノウェーブ記念"に●●

 先日、不慮の事故により死んだフジノウェーブの功績をたたえ、フジノウェーブが4連覇した東京スプリング盃(SIII)が、フジノウェーブ記念(SIII)として実施されることになった。

 大井競馬ではフジノウェーブの献花台、記帳台を設けているが、多くのファンから東京スプリング盃の、フジノウェーブ記念への改称を希望する声が寄せられたため、レース名を改称することになった。フジノウェーブ記念と改称されて最初レースは、来年2月26日に実施される。

(TCK東京シティ競馬からのリリースによる)