馬名のアタマに「サー」がつく馬に雷が落ちるのか?!「うまきんIII」を聴き逃すな!! [実況アナ!]
2019/04/11(木) 09:57
 万馬券を愛する皆さん、早くも桜花賞が終わり、今週は皐月賞です。春のGI真っ盛りの中、素敵な万馬券を手にしていますか?平成も残り半月あまりです。「令和」の時代を迎える前に平成競馬を締めくくる大万馬券をゲットするべく精進を積み重ねていきましょう。

 3月の万馬券を振り返ります。3月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

3月 2日(土)小倉・5レース  3連単128万7430円 (実況担当・檜川)
3月 2日(土)阪神・5レース  3連単865万9360円 (実況担当・米田)
3月 3日(日)中山・総武S   3連単138万9470円 (実況担当・中野)
3月 9日(土)阪神・5レース  3連単203万9990円 (実況担当・小塚)
3月 9日(土)中山・6レース  3連単105万1560円 (実況担当・山本直)
3月 9日(土)中山・8レース  3連単116万6180円 (実況担当・山本直也)
3月16日(日)阪神・2レース  3連単146万2510円 (実況担当・小林)
3月17日(土)阪神・山陽特別  3連単204万2430円 (実況担当・小林)
3月24日(土)中山・マーチS  3連単124万620円  (実況担当・小塚)
3月24日(土)中京・高松宮記念 3連単449万7470円 (実況担当・米田)
3月30日(日)阪神・6レース  3連単107万6080円 (実況担当・米田)
3月31日(土)阪神・2レース  3連単447万7160円 (実況担当・小林)

★3月 3日(日) 弥生賞
 中山 10R(14番人気)・11R(8番人気)          ...中野アナ
 阪神 10R(7番人気)・11R(13番人気)          ...山本直也アナ
 小倉 11R(5番人気)                    ...檜川アナ
<払戻金> 的中票数 0 キャリーオーバー4億6498万5570円

★3月10日(日) 金鯱賞&フィリーズR
 中山 10R(12番人気)・11R(2番人気)          ...山本直アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(12番人気&3番人気)     ...小塚アナ
 中京 11R(2番人気)                    ...檜川アナ
<払戻金> 1028万2010円&160万2650円

★3月17日(日) 阪神大賞典&スプリングS
 中山 10R(4番人気)・11R(10番人気)          ...中野アナ
 阪神 10R(2番人気)・11R(1番人気)           ...小林アナ
 中京 11R(1番人気)                    ...佐藤アナ
<払戻金> 119万1720円

★3月24日(日) マーチS&高松宮記念
 中山 10R(4番人気)・11R(8番人気)           ...小塚アナ
 阪神 11R(6番人気)                    ...山本直也アナ
 中京 10R(1番人気)・11R(3番人気)           ...米田アナ
<払戻金> 317万1960円

★3月31日(日) 大阪杯
 中山 10R(1番人気)・11R(1番人気)           ...山本直アナ
 阪神  9R(5番人気)・10R(1番人気)・11R(9番人気) ...小塚アナ
<払戻金> 26万9810円

 続いて3月終了時点の各アナウンサーの打率(万馬券となったレースの数÷レース実況数)を発表します。

中野   8割6厘
山本直也 7割5分9厘
佐藤   7割2分8厘
米田   7割1分9厘
小屋敷  7割1分4厘
小塚   7割7厘
山本直  7割2厘
檜川   6割9分8厘
小林   6割8分1厘
大関   6割3分2厘

 まず、月間MVPです。3月は米田アナです。選考委員会で反対はなく、満票でした。米田アナは、3月は大万馬券レースを実況しました。素晴らしい活躍だったと思います。通常なら私小林もMVPになってもおかしくないのですが、米田アナにはやられました。865万馬券にあの高松宮記念、実に強烈なインパクトがありました。打率も上げてきた米田アナには要注意です。

 そして、リーディング争いです。中野アナが首位の座をがっちりとキープしています。上位のアナウンサーが打率を下げる中、打率を上げてただ一人8割台に乗せました。今季の中野アナにはパワーを感じます。荒れるレースをコンスタントに実況しています。首位の座を明け渡す気配すら感じられません。2位も変わりなく山本直也アナとなっていますが、こちらは打率を大きく下げて中野アナとかなり差が開いてしまいました。3位は佐藤アナで打率を下げながらも順位を1つ上げました。その後は米田アナが4位となり、昨年まではずっと下位に沈んでいましたが、今季は違うようです。一皮向けたのかもしれません。そして小屋敷アナですが、かれはまだ規定打数に達しておらず参考記録の扱いですが、先週から4つのレースを実況するようになりました。すぐに前半の6つのレースを担当することでしょう。そうなると実況回数も増え、リーディング争いに正式に参加ということになります。

 殿とブービーは変わりません。殿は打率を上げたものの大関アナのままです。そして私小林がブービーです。しかし、私は3月ではかなり万馬券レースを実況し、打率を一気に上げることが出来ました。すぐ上の檜川アナを射程圏に入れたと言えます。これから1つ1つ順位を上げていきたいと思います。一方、昨年リーディングを激しく争った小塚アナと山本直アナが不振に陥っています。今季は苦しんでいますが、まだ3ヶ月が終わったにすぎません。実力のある二人ですから当然巻き返してくることでしょう。

 さて、今週は平成最後の皐月賞です。思えば中山競馬場でのトライアルは、弥生賞では8番人気の馬が勝ち、スプリングステークスを制したのは10番人気の馬でした。今週の皐月賞を実況する中野アナが、今年実況した3歳馬の重賞レースではすべて1番人気が負けています。さすがリーディングのトップです。では、今週の皐月賞の1番人気は...?

 馬名のアタマに「サー」がつく馬がトライアルを使わずに皐月賞に出走します。昨年暮れのGIを制した馬です。やはり馬名のアタマに「サー」がつく馬が1番人気になるのでしょうか?騎乗するクリストフ・ルメール騎手は先週の桜花賞を快勝しました。ファンはあの馬名のアタマに「サー」がつく馬を支持するのでしょうか?そして、中野アナが、馬名のアタマに「サー」がつく馬を指名するのか、雷を落としてしまうのかどうかが問題です。

 先月のドバイターフではファンに遠慮したのか「アーモンドアイで仕方ないだろう!」とは言わず、他の馬を指名していました。さぁ、今週の「うまきんIII」で、中野アナの口から馬名のアタマに「サー」がつく馬の名前が出るのでしょうか?!万馬券を愛する皆さん、一昨年の106万馬券を上回る大万馬券が誕生することを期待しましょう。