【フェアリーS(GIII)】(中山)~伏兵ノットフォーマルが逃げ切り、人馬ともに重賞初制覇 [News]
2015/01/12(月) 17:13
中山11Rの第31回フェアリーステークス(GIII、3歳牝馬、芝1600m)は11番人気ノットフォーマル(黛弘人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。3/4馬身差2着に8番人気ローデッド、さらに3/4馬身差で3着に3番人気テンダリーヴォイスが入った。

ノットフォーマルは美浦・中野栄治厩舎の3歳牝馬で、父ヴァーミリアン、母リミッターブレイク(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は8戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ノットフォーマル(黛騎手)
「2番手か前めでと考えていましたが、行く馬がいないのでハナへ行きました。道中は落ち着いていましたし、最後もとてもしぶとく、持ち味を発揮してくれました。レースが終わってからも疲れた感じもなく、いい雰囲気でした。今後が楽しみです」

(中野栄治調教師)
「パドックの時から落ち着いていて度胸があります。芯の強い馬で、実にしぶといです。距離が延びてもいいと思います。これで堂々と桜花賞へ行けますね。使い減りしませんし、輸送も問題ありませんから、トライアルも含めて次走を考えたいと思います」

2着 ローデッド(戸崎騎手)
「しぶとい馬です。ゲートの中で若さを見せていました。スタミナのある、長くいい脚を使ってくれます。ペースが遅かったので前に行きましたが、外を回った分、相手が楽でした」

3着 テンダリーヴォイス(北村宏騎手)
「スタートはうまく決まりました。もう少しペースが流れてくれれば良かったです。馬はリズム良く走っていて、終いも狭いところを進路が取れました。よく反応してくれたと思います。前が楽だったでしょうか、捉え切るまでにはいきませんでした」

4着 コートシャルマン(C・デムーロ騎手)
「内めの好位でうまいこと競馬が出来ました。仕掛けてから馬場が硬いのを気にしていました。硬い馬場は得意ではないと思います」

5着 メイショウメイゲツ(蛯名騎手)
「前が詰まりました。前にいた馬の動きが悪く、外に切り返すタイミングがありませんでした。広いところに出られませんでした。スムースだったら違ったと思います」

6着 アドマイヤピンク(丸山騎手)
「流れが遅く、ペースが向きませんでした。馬は良かったです」

7着 トーセンラーク(吉田隼騎手)
「枠に泣かされました。ゲートを出たのでスッと内に入れたかったのですが、入れませんでした。それでも内から4頭目を通れたので、この枠にしてはベストの展開だったと思います」

8着 カービングパス(柴山騎手)
「道中は良かったです。しかし、4コーナーで出るところがありませんでした。申し訳ありません」

9着 エヴァンジル(田辺騎手)
「距離が忙しいです。外を回していましたし、力的にも少し足りませんでした」

10着 ギンザヴィクトリア(勝浦騎手)
「4コーナーまで手応えがすごくいいと思いましたが、伸びませんでした」

11着 ハナズプルメリア(三浦騎手)
「いいところでジッとしていました。前が開ければ良かったです。ヨーイドンの競馬にもなってしまいました。ペースが流れればもっと脚を使ってくれたと思います。まだ良くなりそうです」

12着 オーミアリス(北村友騎手)
「楽に自分のポジションを取ることが出来ました。リズム良く走れましたが、追ってからが甘かったです。敗因はつかめません。落ち着いているので距離はこなせると思います」

13着 ナイアガラモンロー(大野騎手)
「楽なペースで行けたのですが、踏ん張れませんでした」

14着 マラケシュ(ブノワ騎手)
「すごく動きのいい馬です。しかし、舌で遊んでいて仕方がありませんでした。舌を縛って、呼吸が楽になればもっとやれると思います」