【みやこS(GIII)】(京都)~インカンテーションが3連勝でV [News]
2014/11/09(日) 17:16
京都11Rの第5回みやこステークス(GIII、3歳上、ダート1800m)は2番人気インカンテーション(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2(良)。1/2馬身差2着に9番人気ランウェイワルツ、さらにアタマ差で3着に4番人気ナムラビクターが入った。

インカンテーションは栗東・羽月友彦厩舎の4歳牡馬で、父シニスターミニスター、母オリジナルスピン(母の父Machiavellian)。通算成績は18戦7勝となった。

~レース後のコメント~
1着 インカンテーション(大野騎手)
「今日は思ったほど前に行けませんでしたが、しっかりと折り合いがつきました。試してみたかったレースが出来ました。道中は終始、楽で、直線の反応もいいものでした。今日でレースの幅も出ましたので、どんなレースにも対応出来ます。この勢いを持ってGIに向かいたいですね」

2着 ランウェイワルツ(浜中騎手)
「まだ3歳馬ですが、道中は内々で脚がたまりましたし、とても惜しいレースでした。今後が楽しみです」

3着 ナムラビクター(小牧騎手)
「追い出しを我慢したら、ずっと外を回る形になると思い、早仕掛けでしたが勝ちに行きました。馬は強かった仁川Sの時くらいの感じでした。体も戻っていましたし、GIに向けて楽しみですね」

4着 イッシンドウタイ(藤岡佑騎手)
「人気はありませんでしたが、状態は良かったので期待を持ってレースに臨みました。勝負どころで動かず、勝ち馬を追いかけてしっかりと脚を使ってくれました」

5着 クリノスターオー(幸騎手)
「1コーナーまで追いながら2番手を確保出来ました。ただ、外から馬に来られた時に反応が遅れてしまいます。最後は伸びてくれているのですが...」

7着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
「向正面でズブさを見せたり、他馬に寄せられたり、リズム良く進められませんでした。直線でも一瞬、伸びかけただけでした」

9着 ソロル(岩田騎手)
「行きっぷりは良かったのですが、ペースが落ち着いてしまいました。大胆に乗れば良かったです」

10着 アスカノロマン(太宰騎手)
「好位にはつけられましたが、2コーナーで外からのプレッシャーが強かったです。最後もバタッと止まったわけではありません」

15着 グラッツィア(ルメール騎手)
「道中、息が入らず、その分、最後の失速につながった感じです」