【レパードS(GIII)】(新潟)~アジアエクスプレスが復活V [News]
2014/08/10(日) 17:32
新潟11Rの第6回レパードステークス(GIII、3歳、ダート1800m)は1番人気アジアエクスプレス(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(稍重)。3馬身1/2差2着に7番人気クライスマイル、さらにクビ差で3着に9番人気ランウェイワルツが入った。

アジアエクスプレスは美浦・手塚貴久厩舎の3歳牡馬で、父Henny Hughes、母Running Bobcats(母の父Running Stag)。通算成績は7戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 アジアエクスプレス(戸崎騎手)
「強かったです。やっとこの馬の力を見せることが出来ました。前回の時も馬が正直良くないとは思っていませんでしたが、今日は集中していると感じています。スタートも抜群で、ハナに立つ勢いでしたが、好位で行きました。ブリンカーの効果もあったのか、手応えが全然違いました。強い馬ですし、元々素質もありましたし、力を証明することが出来て良かったです」

3着 ランウェイワルツ(柴田善騎手)
「本当はもっと前で競馬をしたかったのですが、内枠でしたし、仕方ない面もありました。最後はいい脚を使っていますし、馬場や展開を考えればよく走っていると思います」

4着 レッドアルヴィス(蛯名騎手)
「この後を考えると行ってばかりのレースではダメで、この形でどうにかしたかったです。古馬との対戦を考えた時、勝ち負けではなく、内容を求めていきたかったです。大きく負けていませんが、スピードで追いつけませんでした。馬場状態は乾いた方がいいです」

5着 アスカノロマン(太宰騎手)
「五分に出ましたが、外が速くて後ろになりました。勝ち馬を負かしに行きましたが、離されてしまいました。いい経験が出来ました」

6着 ノースショアビーチ(村田騎手)
「上がりのヨーイドンになってしまい、厳しかったです。向正面で逃げてしまえば良かったかもしれません」

8着 メイショウイチオシ(岩田騎手)
「流れに乗って行けましたが、3~4コーナーでスムースに回れませんでした」

10着 ジャッカスバーク(内田博騎手)
「久々でムキになっていて折り合いがつきませんでした。ゲートでもうるさく、後手になってしまいました」