【函館2歳S(GIII)】(函館)~アクティブミノルが連闘で重賞初制覇 [News]
2014/07/19(土) 17:15
函館11Rの第46回函館2歳ステークス(GIII、2歳、芝1200m)は4番人気アクティブミノル(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒2(良)。1馬身差2着に11番人気タケデンタイガー、さらに3/4馬身差で3着に2番人気トウショウピストが入った。

アクティブミノルは栗東・北出成人厩舎の2歳牡馬で、父スタチューオブリバティ、母ピエナアマゾン(母の父アグネスタキオン)。通算成績は2戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 アクティブミノル(藤岡康騎手)
「前走乗った松田騎手からは、乗りやすい馬だと聞いていました。行く馬がいれば番手でもと思っていましたが、スタートも二の脚も速く、行く形になりました。4コーナーから直線にかけても手応え十分でした。(連闘での重賞制覇に)よく頑張ってくれました」

3着 トウショウピスト(池添騎手)
「今日は枠順がすべてです。あれ以上、内には入れませんから...」

4着 トーセンラーク(吉田隼騎手)
「ゲートの反応が良くなかったので、後方でジッとしていました。最後は一番いい脚を使っています。距離はもう少し長い方がいいですね」

5着 マイネルエスパス(松岡騎手)
「ゲートを出てぶつけられて、エキサイトしてしまいました。ただ、2~3番手は予定通りのポジションでした。最後は脚を使えませんでした。でも、これからの馬です」