【CBC賞(GIII)】(中京)~トーホウアマポーラがゴール前捉えて重賞初V [News]
2014/07/06(日) 16:50
中京11Rの第50回CBC賞(GIII、3歳上、ハンデ、芝1200m)は4番人気トーホウアマポーラ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。1/2馬身差2着に3番人気エピセアローム、さらに1馬身1/4差で3着に10番人気ニンジャが入った。

トーホウアマポーラは栗東・高橋亮厩舎の5歳牝馬で、父フジキセキ、母トーホウガイア(母の父Unbridled's Song)。通算成績は18戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 トーホウアマポーラ(福永騎手)
「流れがスローなら前めで、と考えていましたが、流れていたのでいいところで脚をためて、よく差し切ってくれました。直線もスムースに捌けましたしね。最後も甘くなることなく、しっかり伸びました。騎手時代同期の高橋亮調教師の初勝利もこの馬で、初重賞もこの馬でした。いい結果を出せて良かったです」

(高橋亮調教師)
「左回りで勝つことが出来、収穫の多いレース。ハンデに恵まれたこともありますが、騎手がうまく乗ってくれました。今後は、重量のこともありますが、サマースプリントシリーズとGI双方を見ながら考えていきたいと思います」

2着 エピセアローム(浜中騎手)
「競馬もスムースで、余裕残しながらよく頑張っています。力のある馬です」

3着 ニンジャ(酒井騎手)
「外枠も良かったと思います。レースは出たなりのイメージで、内の馬が一杯になる中、坂からよく伸びてくれました」

4着 スギノエンデバー(和田騎手)
「スタートは決まったのですが、もう一つ前のポジションからレースをしたかったですね。ズブい面がありました。でも57キロでよく来ています」

5着 ベルカント(武豊騎手)
「楽に先手を取りましたし、道中は無理していません。でも粘れませんでした。難しい馬、でもまったくダメな訳ではありませんから、巻き返したいですね」

8着 ルナフォンターナ(岩田騎手)
「良でしたが、ノメるような馬場が堪えました。それに55キロも厳しいですね。パンパンの良ならまた違った結果になったと思います」