【シルクロードS(GIII)】(京都)~ストレイトガール 重賞初制覇 [News]
2014/02/02(日) 17:26
京都11Rの第19回シルクロードステークス(GIII、4歳上、ハンデ、芝1200m)は2番人気ストレイトガール(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分7秒4(良)。2馬身1/2差2着に1番人気レディオブオペラ、さらにハナ差で3着に13番人気リトルゲルダが入った。

ストレイトガールは栗東・藤原英昭厩舎の5歳牝馬で、父フジキセキ、母ネヴァーピリオド(母の父タイキシャトル)。通算成績は19戦8勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ストレイトガール(岩田騎手)
「ウォーミングアップの時から落ち着いていて、好位置でいいレースが出来たと思います。函館で勝ち上がってきて、(スプリンターとして)本当に力をつけてきていると思います。GIレースに向けていいレースが出来ました」

(藤原英昭調教師)
「スピードはあるし、レディオブオペラがどれだけ強いのか、マークしながらもリズム良く走っていたと思います。そういう意味では枠順も良かったし、運もあったと思います」

2着 レディオブオペラ(藤田騎手)
「体重でしょうか。今日もいつもの時計では走っていますし...。ただ、今日はグッと引き離すところがなかったですね。55キロを背負って頑張っているし、見えない疲れもあったかもしれません」

(白井寿昭調教師)
「追い切った後も食欲はありましたが、昨日の食いが悪かったようです。その分のマイナス体重です。いい経験になりました。今度はキッチリと仕上げたいです」

3着 リトルゲルダ(菱田騎手)
「他の馬はあまり気にせず、自分の競馬を心がけて乗りました。勝ち馬の後ろの位置からよく伸びて2着かと思ったんですが...。でも今日の強いメンバーを相手によく頑張っています」

4着 マジンプロスパー(C・デムーロ騎手)
「直線に向いても手応えがあったのですが、前の馬に並んだり、もうひと伸びする感じがありませんでした。斤量のせいなのか、馬場が合わなかったのか、よく分かりません」

5着 ワキノブレイブ(吉田隼騎手)
「前回のレースは先行馬が多くてうまく差し切ることが出来ましたが、今日はオープン相手に流れが落ち着いた中でよく伸びて来ています。この相手でもある程度やれる馬だと思います」

6着 プレイズエターナル(浜中騎手)
「まだ周りを気にして走っています。重賞でもある程度結果は出していますが、もう少し慣れが必要かもしれません」

7着 サイレントソニック(武豊騎手)
「状態は良かったと思いますが、前残りの競馬になってしまいました。この馬としては今日の流れの中でよく伸びていると思います」

10着 スギノエンデバー(川須騎手)
「スローの外枠で、ずっと外を走らされてしまった。展開が向きませんでした」

12着 シュプリームギフト(秋山騎手)
「今日は馬場が悪かったので前へ行けませんでした。もう少し前で、いい位置でレースがしたかったです」

16着 テイエムオオタカ(和田騎手)
「枠が外でしたし、終始外を回らされる形でレースに参加させてもらえませんでした」