【ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)】(阪神)~ワンアンドオンリー 重賞初制覇 [News]
2013/12/21(土) 17:01
阪神11Rの第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII、2歳、芝2000m)は7番人気ワンアンドオンリー(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分4秒3(稍重)。1馬身1/4差2着に8番人気アズマシャトル、さらに3/4馬身差で3着に1番人気サトノアラジンが入った。

ワンアンドオンリーは栗東・橋口弘次厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母ヴァーチュ(母の父タイキシャトル)。通算成績は6戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ワンアンドオンリー(ルメール騎手)
「橋口調教師のためにもハーツクライの仔で勝てて嬉しいです。動きも良く、最後もいい脚を使えます。来年のクラシック、ダービーなどを勝てる力のある馬だと思います」

2着 アズマシャトル(松山騎手)
「距離もこの馬には良く、流れに乗ってレースが出来ました。ただ、3コーナーから4コーナーに掛けて早めに外から来られて、早めに動く形になってしまいました。もう少し我慢したかったのですが、勝ち馬との差はその分でしょう。力は見せてくれましたし、これからまだまだ成長すると思います」

3着 サトノアラジン(戸崎騎手)
「スローペースで外に出すことが出来ず、この馬の力を出すことが出来ませんでした。不甲斐ない結果になってしまって残念です」

4着 ミヤビジャスパー(池添騎手)
「かなり行きたがっていましたが、今後のためにも我慢する競馬をしました。3~4コーナーから上がって行く時の脚はいい脚でしたし、素質があるところは見せてくれました。もう少しレースが上手になってくれば言うことなしです」

5着 タガノグランパ(北村友騎手)
「折り合って追走もある程度楽でした。直線もモタれながらよく伸びています。勝負根性もある馬ですし、いいレースをしていたと思います」

6着 モンドシャルナ(福永騎手)
「大体イメージ通りのレースで展開も向いたと思いましたが、手応えの割に伸び切れない感じでした。まだ経験を積んだ方がいいのかもしれません。切れる感じのある馬ですから、これからでしょう」

7着 マイネルフロスト(三浦騎手)
「悲観する内容ではありません。もう少し真ん中の枠で壁を作って運べれば良かったのですが、久々でも頑張ってくれました。重賞でもやれる馬です」

14着 シンガン(岩田騎手)
「詰まってしまいました。そこまではいい感じでしたが、ブレーキを踏む形になってしまって...」