【スワンS(GII)】(京都)~ミッキーアイルが逃げ切りV [News]
2014/11/01(土) 16:51
京都11Rの第57回スワンステークス(GII、3歳上、芝1400m)は1番人気ミッキーアイル(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒3(良)。1/2馬身差2着に4番人気サンライズメジャー、さらにハナ差で3着に2番人気フィエロが入った。

ミッキーアイルは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母スターアイル(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は8戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ミッキーアイル(浜中騎手)
「ちょっとスタートが良くなかったですし、あまり他の馬に近づけると力んでしまうので、最初は様子を見て行きました。途中から行き切る形にはなりましたが、この馬らしい競馬で無事に秋初戦を終えてくれて良かったです。マイルCSも古馬相手ですがいいレースをしてくれると思います」

(音無秀孝調教師)
「左回りよりは右回りの方が粘りがいいようですね。あとはとにかくゲートが課題でしょう」

2着 サンライズメジャー(浜田多実雄調教師)
「もう少しでしたね。ただ、ジョッキーはうまく乗ってくれました。この馬にとってはもう少し雨が降ってくれた方が良かったですが、ここで賞金を加算出来たのは大きいです。この後はマイルCSを目標にしたいと思います」

3着 フィエロ(福永騎手)
「ゲートはスムースに出ましたが、1400mのせいか、位置取りが少し後ろになってしまいました。最後は来ていますが、残り1ハロンで前と同じ脚色になったのは久々の分だと思います。次は楽しみですね」

4着 サドンストーム(国分優騎手)
「馬が落ち着いていて、ゲートも普通に出てくれましたし、ロスなく立ち回れました。今日のような時計の掛かる馬場は合っています。しっかりと脚を使っていますから」

5着 ウイングザムーン(秋山騎手)
「今日はとても落ち着いていたのですが、かえってスタートが出すぎてしまい、ハミを噛んでしまいました。最後も伸びていますが、そのあたりが響いたようです」