【セントライト記念(GII)】(新潟)~イスラボニータが貫録勝ち [News]
2014/09/21(日) 17:22
新潟11Rの第68回セントライト記念(GII、3歳、芝2200m)は1番人気イスラボニータ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒7(良)。1馬身1/4差2着に2番人気トゥザワールド、さらにクビ差で3着に10番人気タガノグランパが入った。

イスラボニータは美浦・栗田博憲厩舎の3歳牡馬で、父フジキセキ、母イスラコジーン(母の父Cozzene)。通算成績は8戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 イスラボニータ(蛯名騎手)
「完勝でした。スタートして後ろになりすぎない程度に行きたいと思いましたが、馬場も内は悪いので、内に入ってこなかったので馬自身も我慢してくれて、いい形で運べました。最初はハミを取っていましたが、向正面に入るころには落ち着いて、トゥザワールドの後ろにつけられました。あとは4コーナーだけうまく空いてくれれば脚はあるので、自信を持って乗りました。空いてからは速かったです。この馬の持ち味です。春は悔しい思いをしたので、秋は雪辱したいと思っています」

2着 トゥザワールド(川田騎手)
「強かったです。このくらいの競馬はしてくれると思いましたし、しっかりと走ってくれました。負け方は皐月賞と同じでしたが、秋初戦としてはいい内容でした」

3着 タガノグランパ(菱田騎手)
「追い切りでは乗りやすかったですし、牧場でもうまく仕上げてくれていました。外枠で、壁が作れなかったですが、折り合いがついて、よく頑張ってくれました」

4着 ステファノス(三浦騎手)
「馬場の悪いところに脚を取られた瞬間に隣の馬に寄られて、一気に手応えがなくなってしまいました。進路も探り探りになりました。しかし、相当力があるだけにもったいなかったです」

5着 ラングレー(エスポジート騎手)
「カッカしているところがあると聞いていましたが、落ち着いていい雰囲気でした。ゲートの中で動いたりするという話もありましたが、ゲートに入ってから静かにしていました。スタートもきれいに出ていました。内の馬場が悪いので、外のいいところに出したかったのですが、外枠で出来ませんでした。開き直って内々を通り、直線で外に出せればつかまえられると思いました。4コーナーでイスラボニータの後ろにいて、手応え十分だったので負かせると思いました。しかし、久々の分、あと1ハロンで脚が上がってしまいました。1回使っていればもっと差が詰まっていたかもしれません」