【フローラS(GII)】(東京)~良血サングレアルが重賞初制覇 [News]
2014/04/27(日) 17:31
東京11Rの第49回フローラステークス(GII、3歳牝馬、芝2000m)は4番人気サングレアル(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒0(良)。アタマ差2着に6番人気ブランネージュ、さらに1馬身1/2差で3着に13番人気マイネオーラムが入った。

サングレアルは栗東・松田博資厩舎の3歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母ビワハイジ(母の父Caerleon)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 サングレアル(岩田騎手)
「最初のコーナーで前がゴチャついていましたが、後ろで待機していたので大丈夫でした。乗りやすい馬で、左回りもスムースですし、いい瞬発力があります。早めに抜け出すとソラを使うので、そこに気をつけていました。ゴール前でキッチリと交わすことを求められていたので、交わせて良かったです。速い脚はありますが、抜け出してからまだ子供っぽさがあります。もっと成長すれば、すごい脚を使えると思います。距離が延びてもこなしてくれるでしょうから、楽しみな1頭です」

(松田博資調教師)
「理想的な競馬で、あれでダメならあきらめるしかないくらいでした。攻め馬ではモタれるところがあり、気の悪いところがあります。今のままでは、体が小さいですし、もっと鍛えないといけません。しかし、これ以上体は減らないでしょうし、少しずつ良くなっていくでしょう。上積みはいくらでもあります」

2着 ブランネージュ(秋山騎手)
「イメージ通りのレースが出来ました。勝った馬は強かったです。いい内容ですし、この調子がキープ出来れば本番も楽しみです」

(藤岡健一調教師)
「うまい具合に抜け出しすぎましたでしょうか。しかし、走るたびに強くなって、レースぶりも良くなり、センスもあります。器用な馬です。その点を生かせば次もチャンスはあるでしょう」

3着 マイネオーラム(松岡騎手)
「まだフラフラして走っています。距離が延びても楽しみです」

4着 マローブルー(戸崎騎手)
「折り合いはつきました。きれいな馬場の方が向いています。センスを感じました」

5着 ニシノアカツキ(勝浦騎手)
「タメるよりも折り合いを重視して行きました。この馬のリズムでは走れています」

6着 マジックタイム(杉原騎手)
「道中は折り合いもつき、リズムも良く、坂を登るまでは手応えは楽だったのですが、直線半ばで一杯になってしまいました。距離はもう少し欲しいです。今日は久々もあったかもしれませんが、仕上がりは悪くありませんでした」

7着 イサベル(浜中騎手)
「スタートから馬が進んで行きませんでした。キャリアが浅く、馬体もまだ緩いのですが、センスは感じますし、成長すれば楽しみです」

8着 マイネグレヴィル(柴田大騎手)
「残り600mから出して行きましたが、この馬にとっては馬場状態が良すぎました」

9着 デルフィーノ(横山典騎手)
「センスが良く、走りもいいですが、現状は体力がつききっていません」

10着 ハピネスダンサー(藤岡康騎手)
「一瞬伸びかけましたが、まだ若く、テンションが高かったので、最後は伸び切れませんでした。今後に繋がるといいと思います」

11着 ヤマニンアリエッタ(横山和騎手)
「折り合いはつきましたし、勝った馬の前でレースが出来ました。この馬なりには頑張っています」