【フィリーズレビュー(GII)】(阪神)~ベルカントが控えて快勝 [News]
2014/03/16(日) 16:39
阪神11Rの第48回フィリーズレビュー(GII、3歳牝馬、芝1400m)は2番人気ベルカント(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3。1馬身1/4差2着に13番人気ニホンピロアンバー、さらにアタマ差で3着に6番人気エスメラルディーナが入り、上記3頭が桜花賞の優先出走権を獲得した。

ベルカントは栗東・角田晃一厩舎の3歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母セレブラール(母の父ボストンハーバー)。通算成績は5戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ベルカント(武豊騎手)
「スタッフの努力が大きいですね。馬が変わっていました。今後に向けて、出来れば今までと違う競馬をしたいと思っていました。リラックスしてゆったりと、これまでにない道中の走りでした。この馬にとって今年の初戦、大事なレースで最高の形で結果を出せて良かったです」

2着 ニホンピロアンバー(秋山騎手)
「テンが速かったので自然と行く形に。展開も良かったです。よく頑張ってくれました」

3着 エスメラルディーナ(ペドロサ騎手)
「初の輸送競馬でもパドックでは落ち着いていました。スタート良く、折り合いも問題なかったです。ただ、外枠からのスタートで、終始外を回る形だったのが痛かったです。あと1頭分でも内にいたらもっと際どかったでしょう。それでも権利は取れましたし、初ものづくしのレースでよく頑張っています。本番に期待が持てる内容でした」

4着 アドマイヤビジン(四位騎手)
「4コーナーで振られたのが痛かったです。大外枠のロスもありながらよく来てはいるのですが...。マイルの距離も問題ありませんし、本番ではいつもの末にかける競馬で頑張りたいです」

6着 ダンスアミーガ(M・デムーロ騎手)
「調子は良かったのですが、直線でスペースがありませんでした。残念です」

8着 ヤマノフェアリー(岩田騎手)
「スタートで沈むような、つんのめるような形になってしまい、リズムを崩してしまいました。能力負けではありません」