【ヴィクトリアマイル】(東京)圧倒的人気のグランアレグリアが4馬身差の圧勝劇を見せGI5勝目を飾る [News]
2021/05/16(日) 17:44
東京11Rの第16回ヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は1番人気グランアレグリア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒0(良)。4馬身差の2着に10番人気ランブリングアレー、さらにクビ差の3着に5番人気マジックキャッスルが入った。

グランアレグリアは美浦・藤沢和雄厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母タピッツフライ(母の父Tapit)。通算成績は12戦8勝。

レース後のコメント

1着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「やはり強かったです。スタートは速くないのでミドルポジションでしたが、馬のリズムは良かったです。直線では外に出すと自分からハミを取って自分からギアアップしてくれました。前走とは違い今日は自分の能力を見せてくれました。ここでは違うレベルでした。これでGIレースは5勝目となりましたが、また勝てるでしょう。私自身は今日1400勝を達成して、そしてGIも勝ててとても嬉しいです。ファンの皆さん応援ありがとうございました」

(藤沢和雄調教師)
「いつもより気も入っていましたが、競馬は穏やかに走っていましたし、折り合いも随分上手になりました。速い馬が多く中団からでしたが、いい感じだったと思います。相手も強かったですが、持ったままで馬なりで来られたので良かったです。元々強い馬ですが、良い内容だったと思います。この後はオーナーと相談になりますが、使えるレースも限られるので安田記念になると思います。前走はスタンド前からのスタートですが、東京の2000mなら持ちそうな気がします。牡馬相手ですが、秋は天皇賞に向かいたいと思います。前走はダメでしたが、今日は随分と高い支持でありがとうございます。また応援してください」

2着 ランブリングアレー(吉田隼人騎手)
「左回りは初めて乗せてもらいましたが、乗りやすかったです。リズム良く運べて、インの良いところにはまることが出来ました。直線でこれならと思ったところで勝ち馬は馬なりでしたから、強かったです。ただこの馬もよく伸びて2着に来てくれました」

3着 マジックキャッスル(戸崎圭太騎手)
「イメージ通りの競馬が出来ました。道中のリズムも良く、直線で前が開いてからもしっかり伸びています。堅実に走ってくれますね」

4着 ディアンドル(団野大成騎手)
「頑張ってくれました。前に行く馬は思っていた通り行ってくれて、ポジションはつけたいところにつけられました。レースはスムーズで追ってから反応してくれて、坂を上り切ってからも反応してくれました。馬が良くなっていましたし、これからさらに良くなりそうです」

5着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「思ったよりもペースが緩くていい位置を取れました。直線で前が開いた時は突き抜けるかと思ったのですが、相手が強かったです。それでも力は出し切ったと思います」

6着 レシステンシア(武豊騎手)
「あの枠でしたから行きたい馬を行かせて運びました。3番手で折り合いもついて、自分のタイミングで抜け出しましたが、最後は甘くなってしまいました」

7着 ダノンファンタジー(藤岡佑介騎手)
「溜めて行く作戦で、じっくりと後方からレースを進めました。直線で良い脚を使ってくれて、差のないところまで差を詰めてくれています。ただもう少しタフな流れになると思っていたのですが、あの流れだとこれが精一杯です」

8着 デゼル(川田将雅騎手)
「良い位置で運ぶことが出来ました。最後まで頑張ってくれましたし、良い内容だったと思います」

9着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「1200mの後でも気負わずに雰囲気が良かったです。上手くいったと思ったのですが、少しバテてしまったようで残念です」

10着 クリスティ(斎藤新騎手)
「道中リズム良く行けましたが、やはり相手が強かったです。それでもまだ4歳ですからこれから成長してくると思いますし、一緒に歩んで行けたらと思います」

11着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「良い位置で流れに乗れましたが、最後は伸びませんでした」

13着 リアアメリア(福永祐一騎手)
「スタートを上手く出せませんでした。この馬も伸びてはいますが、ペースが落ち着いてしまいました」

14着 テルツェット(M.デムーロ騎手)
「パドックで少し興奮していて、この舞台にプレッシャーを感じていたようです。スタートは出ましたが、二の脚がなく、この馬場でついて行けませんでした。3コーナーから4コーナーでは手応えがあったのですが、直線はジリジリという伸びでした。内が開いていましたが伸び切れませんでした」

15着 スマイルカナ(柴田大知騎手)
「今までで一番落ち着いていました。2番手でも折り合って良い形で行けました。これでまた変わってくれればと思います」

18着 イベリス(酒井学騎手)
「スタート前の輪乗りでは大人しくしていました。スタートしてからは行き切れませんでした。心房細動を起こしたのだと思います」