【朝日杯FS】美浦レポート~スリラーインマニラ [News]
2015/12/16(水) 17:25
12月20日(日)に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティS(GI)に出走予定のスリラーインマニラ(牡2)について武井亮調教師のコメントは以下の通り。

「前々走から馬が力をつけていて、(前走は)あれくらいはやれるだろうと思っていました。これまで好きな手前でしか走らなかった馬が、均等になってきて、乗り手の指示に従って両手前とも使えるようになってきました。前走はプラス体重だったように、馬体もレースを使ってさらにパワーアップしているな、という印象を受けました」

「状態は高いレベルで安定しています。9戦目となりますが、レースを使ってへこたれるということがないので、それも彼の強みではあると思っています」

「1600mという距離は絶対大丈夫とは思ってないですが、前走で控える競馬もできたので、何とか対応してくれるのではないかと期待しています。もともと芝の未勝利で着に来ている馬なので、芝の走りは問題ないですし、1回勝ってから馬が変わってきていますので、力をつけた中でどれだけ芝を走れるか、楽しみにしています」

「(阪神コースは)やってみないと分からないですが、キャリアを積んでいるので対応してくれるのではないかと思っています。頭のいい馬で、これまで馬運車でも問題はなかったので、輸送も大丈夫だと思います。競馬の幅が広がっているので、マイルも対応してくれると思います」

「中1週なので、そこまで強くなくていいという指示で、その通りの内容でした。乗り手の感触としても前走よりも雰囲気がいいということだったので、いい調教だったのではないでしょうか」

「GIで相手も強くなりますが、しっかり2勝して挑戦しているわけですし、こちらも挑戦する権利はあると思っていますから、楽しみにしています。タフなところ、やればやるだけ身につけてくれるところが長所だと思います。こうやって挑戦する機会を得たので、がんばりたいですし、彼にもがんばってもらいたいです」

(取材:山本直)