【常総S】(中山)~ヴェルデグリーンが外から差し切る [News]
2013/03/24(日) 17:00


中山10Rの常総ステークス(4歳以上1600万下・芝2000m)は、2番人気ヴェルデグリーン(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒0。3/4馬身差の2着に1番人気ヴェルデグリーンが、クビ差の3着に7番人気ニシノジャブラニがそれぞれ入線。

ヴェルデグリーンは美浦・相沢郁厩舎の5歳牡馬で、父ジャングルポケット、母レディーダービー(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は16戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ヴェルデグリーン 田辺裕信騎手
「リードする馬がいない中で、自分で動いて競馬をすることができたのがよかったです。ここは期待通りのレースができました」

2着 ジョングルール 蛯名正義騎手
「道中はロスなく回って、馬場も良いところを選んで走れました。ただ、ペースも遅かったですし、相手も走りますからね」

3着 ニシノジャブラニ 松岡正海騎手
「ペースが遅くなると思っていたので、今日は絶対に行こうと思っていました。こういう競馬は初めてでしたが、力もあるのでこれからだと思います」

4着 フジマサエンペラー 田中勝春騎手
「スタートの出がよくありませんでしたが、このスローペースの中でうまく走っていたのでよかったです。今は精神面も安定していますし、次はスタートも出てくれると思います」