百花繚乱のごとくに万馬券が咲き乱れ、ああ、春うらら…。 [実況アナ!]
2013/03/21(木) 17:42


 桜も咲いて、いよいよ春本番です。ここで寒かった2月の万馬券を振り返ります。まずは2月に出た100万を超える万馬券とWIN5の結果、それらのレースの実況担当者です。

2月 2日(土)東京・春麗JS 3連単365万5960円(実況担当・舩山)
2月 3日(日)東京・春菜賞  3連単105万4690円(実況担当・小林)
2月16日(土)東京・4レース 3連単127万5840円(実況担当・佐藤)
2月17日(日)小倉・1レース 3連単285万5330円(実況担当・中野)
2月17日(日)京都・6レース 3連単183万3950円(実況担当・山本)

《WIN5》
★2月 3日(日) きさらぎ賞&東京新聞杯
 京都 10R(2番人気)・11R(6番人気)…佐藤アナ             
 中京 11R(3番人気)          …小塚アナ
 東京 10R(2番人気)・11R(2番人気)…小林アナ
<払戻金> 19万3670円

★2月10日(日) 京都記念&共同通信杯
 京都 10R(3番人気)・11R(6番人気)…小塚アナ             
 小倉 11R(1番人気)          …檜川アナ
 東京 10R(4番人気)・11R(4番人気)…中野アナ
<払戻金> 115万1900円

★2月17日(日) フェブラリーS&小倉大賞典
 京都 10R(1番人気)・11R(1番人気)…檜川アナ             
 小倉 11R(6番人気)          …大関アナ
 東京 10R(2番人気)・11R(3番人気)…佐藤アナ
<払戻金> 54万9120円

★2月24日(日) 阪急杯&中山記念
 阪神 10R(2番人気)・11R(1番人気)…小林アナ             
 小倉 11R(1番人気)          …木和田アナ
 中山 10R(5番人気)・11R(2番人気)…山本アナ
<払戻金> 35万6850円

 それでは2月の月間MVPの発表です。MVPは、舩山アナに決まりました。舩山アナは2月の最高配当となった365万馬券のレースを実況しました。障害戦で大万馬券とは障害戦好きな舩山アナらしい感じです。さらに彼は、2月は「準パーフェクト」だったのです。わずか18のレースしか実況しませんでしたが、それでも18打数17安打、9割4分4厘という打率はたいしたものです。舩山アナが堂々たるMVPです。

 そして、リーディングではこの高打率をマークした舩山アナが首位を守りました。打率は驚異の9割5厘です。彼が実況するレースでは、人気馬から馬券を買うなら相手は人気薄の馬にした方が良いと思います。2位が8割5分ちょうどの私小林で、3位が8割1分9厘の佐藤アナとなっています。

 一方、殿は変わりました。1月終了時点で4位につけていた山本アナが殿に転落したのです。打率は6割4分8厘とただ一人7割を切りました。彼が2月に実況したレースは荒れませんでした。2月3日はなんと6打数1安打、翌週の9日も6打数2安打という有様でした。ブービーは檜川アナです。7割3分3厘で、「ナニワの巨砲」はどうもこのあたりが定位置となっているようです。

 さて、今週で中京競馬が終わります。私は「同時開催は万馬券の宝庫」と勝手に決めて、中山や阪神のレースよりも毎週中京のレースを買っています。しかし、なかなかヒットすることが出来ません。小倉に続いて、この中京でも思わぬ人気薄の激走にやられています。「こんな馬がくるの~!」と悶絶しています。

 私は以前から「西の同時開催では人気薄の関東馬に注意」と言ってきました。本当にその通りです。穴を開けるのはほとんど関東馬です。無印の関東馬をあえて相手にして馬券を買っていますが、ここ2、3走の成績からはとても狙えないような常識はずれの馬が2着や3着になってくれるのです。私こどきの穴予想では今の中京のレースを的中させることは本当に困難です。

 それでも今度はどんな人気薄がくるのか、と怖いもの見たさのような気持ちで中京の馬券を買っています。今週は高松宮記念ですが、どうせあの馬が勝つのでしょうから荒れることはありません。GIだからといって嬉しそうに手を出すことはありません。24日の日曜はむしろ中山を狙いましょう。荒れることで有名なマーチステークスがあります。昨年も最低の16番人気の馬が2着となってのけぞったものでした。このレースは人知を超えた荒れ方をするので楽しめます。桜も咲いて、万馬券も百花繚乱となることを期待しましょう。