3月11日(月)「大観峰賞(佐賀)はゴールドペンダントが制す」ほか [全国競馬情報]
2013/03/11(月) 16:39


●●重賞レースの結果●●
<9日(土)>
・佐賀競馬場(天候:曇 馬場:良)で行われた第1回大観峰賞(第10競走・3歳オープン・1着賞金30万円・ダート1800m)は11頭が出走し、4番手でレースを進めた単勝1.8倍の圧倒的1番人気となったゴールドペンダントが、向正面で先頭に立ってそのまま後続を寄せ付けずに押し切って優勝した。勝ちタイムは2分1秒5。勝利騎手は佐賀の石川慎将。2着は2馬身半差で6番人気のリネンベッテル。クビ差の3着に3番人気のミヤノダイアナが入り、2番人気となったクラウンアリオンは5着に終わった。
 ゴールドペンダントは、父ゴールドヘイロー、母シーベルリーフ(母父カコイーシーズ)という血統の牝3歳黒鹿毛馬。佐賀の古賀光範厩舎所属馬。昨年の7月にデビューして1月に初勝利をあげ、今回が重賞初制覇。通算成績は10戦2勝(中央競馬は未出走)となった。                    
<10日(日)>
・ばんえい帯広競馬場(天候:晴 馬場:7.6)で行われた第44回イレネー記念(3歳オープン・200m[直]・1着賞金90万円)は10頭が出走し、2番人気のショウチシマシタ(久田守厩舎、大河原和雄騎手騎乗)が優勝した。父(半血)ブラックジョージ、母(半血)テシカガクイン[その父(半血)キタノローメイ]という血統の牡3歳青毛馬。通算成績は15戦6勝となった。
・福山競馬場(天候:曇 馬場:良)で行われた第2回大高坂賞(第11競走・4歳以上オープン・中国、四国地区交流・1着賞金60万円・ダート1800m)は9頭が出走し、道中2番手を追走していた2番人気の高知のマチカネニホンバレが、逃げた1番人気の高知のグランシュヴァリエに4コーナーの手前で並び、直線で差し切って1馬身半の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分55秒1。勝利騎手は高知の中西達也。3着は大差で3番人気の福山のビーボタンダッシュ。
 マチカネニホンバレは、父シンボリクリスエス、母マチカネチコウヨレ(母父Deputy Minister)という血統の牡8歳鹿毛馬。高知の松木啓助厩舎所属。JRA所属馬の時代には2009年に重賞のエルムステークスを制し、高知所属馬となってからは2戦2勝。今回久々の重賞制覇を飾り、通算成績は24戦9勝(中央競馬では19戦7勝)となった。                     


●●ダートグレードに出走を予定しているJRA所属馬●●
・19日(火)に高知競馬場で行われる黒船賞に出走を予定していたJRA所属馬のタイセイレジェンドが出走を回避し、ティアップワイルドが繰り上がりとなった。

(JRA発表のリリースによる)

(担当:小林雅巳)