2月28日(木)「エンプレス杯(川崎)はミラクルレジェンド有終V」ほか [全国競馬情報]
2013/02/28(木) 17:42


●●エンプレス杯(川崎)はミラクルレジェンド有終V●●

 27日(水)川崎競馬場(曇・やや重)で行われた牝馬限定のダートグレード競走・第59回エンプレス杯(JpnII 2100m)は、単勝1.1倍、断然人気のミラクルレジェンド(岩田康誠騎手)が、逃げたエミーズパラダイス直線でとらえ、2分15秒9で勝利。自身のラストランを、見事な勝利で飾った。1馬身半差の2着は、地方所属騎手として最後の重賞騎乗となった戸崎圭太騎手のエミーズパラダイス、さらに5馬身遅れた3着ダートムーアという結果。

 勝ったミラクルレジェンドは父フジキセキ母パーソナルレジェンド(その父オーサムアゲイン)の牝6歳栗毛馬、栗東・藤原英昭厩舎の管理馬。通算成績25戦12勝、重賞8勝目。

~レース後のコメント~

1着 ミラクルレジェンド(岩田康誠騎手)
「ラストランで無事に走ってくれて、ホッとしました。レースごとに乗りやすくなって、最近はズブくなったくらいなのですが、2100mでも素晴らしいレースをしてくれました。作戦としては本当はもう少し前で、と考えていましたが、馬のリズムを崩さないように運びました。勝負どころで動けましたし、安心して乗れましたね。2周目の向正面では前を射程圏内に入れられましたし、直線はこれが最後なんだな、とかみしめつつ楽しめました。小さい牝馬なんですが、本当に負けん気の強い子でした。これからいい子供を出して欲しいですし、ぜひ子供にも乗りたいですね」

(藤原英昭調教師)
「最後までしっかり走ってくれて、本当に頭が下がります。ますます馬が成熟して、凄い走りを見せてくれました。牡馬相手に挑んでも頑張ってくれましたが、やはり牝馬同士なら強かったですね。レースは岩田騎手に全て任せていましたし、パーフェクトなレースだったと思います。色んな夢を叶えてくれましたし、たくさん感激を与えてくれました。今後はお母さんになって、初年度はエンパイアメーカーと交配する予定です。世界を相手に戦えるような子供を出して欲しいですね」

2着 エミーズパラダイス(戸崎圭太騎手)
「勝ちたかったです。ただ、勝った馬はずっとこれまで戦ってきて、強い馬だと分かっていますし、それに食らいついて頑張っていたと思います。使いつつ力を付けています。先々楽しみです。前走もきつかったように、中央の馬のとのレースはペースが速いのですが、今日はゆったりとレースを運べました。リズムを崩さず行けば、中央馬相手でも戦えることを証明しました。自分自身は、今後、中央・地方関係なく競馬を盛り上げたいと思います。」

5着 マニエリスム(石崎駿騎手)
「出して行くと少し長いかな、という感じでしたが、最後もしっかり追い込んでくれました。頑張っています」

(取材:大関隼、米田元気)


●●オッズパークグランプリ(笠松)はラブミーチャン楽々逃げ切り勝ち●●

 28日(木)笠松競馬場(晴・良)で行われた地方全国交流の重賞・オッズパークグランプリ2013(1400m・10頭)は、昨年のNARグランプリ年度代表馬のラブミーチャンがJRAの福永祐一騎手を背に、1分24秒5で楽々逃げ切った。1馬身半差の2着に船橋のナイキマドリード、4馬身離れた3着は佐賀のエスワンプリンス。

 勝ったラブミーチャンは父サウスヴィグラス母ダッシングハニー(その父アサティス)の牝6歳栗毛馬、笠松・柳江仁厩舎の管理馬。通算成績29戦14勝、交流重賞含めて重賞12勝目。


●●各地の主な3歳戦の結果●●

~26日(火)~

・川崎競馬場で行われたJRA交流フェブラリーフラワー賞(1400m・12頭)は、ワイルドラッシュ産駒の牝馬、地元川崎のベイリービーズ(真島大輔騎手)が1分32秒5で逃げ切り、通算成績を5戦2勝とした。

~27日(水)~

・川崎競馬場で行われたチューリップ特別(1500m・12頭)は、ルールオブロー産駒の牝馬ハクシュウベリー(石崎駿騎手)が、1分37秒7で直線抜け出し人気に応えた。通算成績8戦2勝。

~28日(木)~

・笠松競馬場で行われたnetkeiba.com杯(1400m・10頭)は、リンカーン産駒のコスモカリヨン(濱口楠彦騎手)が1分29秒5で3馬身差の勝利。通算成績を13戦4勝とした。

・笠松競馬場で行われたJRA交流紅梅賞(1400m・10頭)は、断然人気のヤマニンセラフィム産駒サチゴロウ(福永祐一騎手)が1分27秒3で逃げ切り、5戦目の初勝利。

・川崎競馬場で行われたJRA交流アメジストフラワー賞(1500m・13頭)は、10番人気のアフリート産駒の牝馬スズカランラン(江田照男騎手)が1分37秒4でまんまと逃げ切り、3戦目の初勝利。

・園田競馬場で行われた3歳B特別(1400m・12頭)は、単勝196.8倍の伏兵マイソルジャー(坂本和也騎手)が1分31秒7で勝利し、8戦目の初勝利。


●●庄子連兵調教師(大井)が勇退●●

 ボンネビルレコードなどを管理した大井競馬の庄子連兵調教師が、後進に道を譲るため、2月28日付けで勇退することが発表された。

 庄子連兵調教師は、昭和19年11月21日生まれの68歳。昭和48年9月29日に調教師免許を取得し、生涯通算成績は7264戦794勝(うち重賞13勝)。

(TCK特別区競馬組合からのリリースによる)