【共同通信杯】(東京)~関西馬メイケイペガスターが重賞初V [News]
2013/02/10(日) 17:00


東京11Rの共同通信杯(3歳GIII・芝1800m)は、4番人気メイケイペガスター(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒0。1馬身半差の2着に2番人気ゴットフリートが、半馬身差の3着に9番人気マイネルストラーノがそれぞれ入線。

メイケイペガスターは栗東・木原一良厩舎の3歳牡馬で、父フジキセキ、母ストームホイッスル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は4戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 メイケイペガスター 横山典弘騎手
「まだ若い馬で折り合いが大変と思って、返し馬から丁寧に乗りました。3番手は考えた通りです。うまくなだめられたので、いい感じで伸びてくれました。テンションがもう少し下がって、上手に走れるといいですね。初めて乗りましたが、これだけ走るのですからいい馬です」

2着 ゴットフリート W.ビュイック騎手
「重賞やGIレースを狙うポテンシャルがある馬なので1800mでも問題ありませんでしたが、今日は休み明けの分でしょう。次はよくなると思います。でも、ベストはマイルかなと思います」

3着 マイネルストラーノ 柴田大知騎手
「イメージ通りの競馬で、枠もペースもよく、しっかり脚をためることができました。今日は馬の感じもよく、トモの力の入り方も違っていました。これからまだよくなると思います」

4着 ラウンドワールド 岩田康誠騎手
「課題はゲートです。駐立できていませんでした。おとなしい馬なのですが、スタートではトモを後ろに引いてしまうような感じになってしまいました。出負けして、最後も弾けるまでにはいきませんでした。まだ子どもっぽいところのある馬です」

5着 マンボネフュー 蛯名正義騎手
「横の馬から被されるし、先行した馬は伸びずに下がってくるで、いちばんまずい位置に押し込められてしまいました。逆に先行させたらどんどん行ってしまいます。馬の雰囲気が『うっ!』と力が入る感じなので、そのあたりが抜けてくれればと思います。トモがしっかりしていないのでジワジワと伸びる感じで、まだ成長途上です」

7着 ザラストロ 松岡正海騎手
「レース前から燃えるようなところがありました。道中は引っかかってしまいましたが、あれで7着ですから、折り合っていたらもっと上位にいけたと思います」

8着 ケイアイチョウサン 三浦皇成騎手
「思い描いていた競馬はできました。手応えもよかったのですが、いろいろと展開や環境に左右されてしまいます。内枠で包まれる競馬のほうがいいのかもしれません。ただ、あの手応え通りに走っていれば……とは思います」

9着 クロスボウ 吉田豊騎手
「4コーナーを回ったときの手応えはよかったのですが、今日の速い馬場で手前が替えられませんでした。後ろからまくっていくイメージで乗ったのですが、最後はダラダラとやめてしまう感じでした」