【クロッカスS】(東京)~内から抜けてシーブリーズライフ [News]
2013/01/26(土) 16:02


東京10Rのクロッカスステークス(3歳オープン、芝1400m)は5番人気シーブリーズライフ(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7(良)。1馬身1/4差2着に6番人気ディアセルヴィス、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気ティーハーフが入った。

シーブリーズライフは美浦・菊川正達厩舎の3歳牝馬で、父アドマイヤジャパン、母プレシャスライフ(母の父タイキシャトル)。通算成績は6戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 シーブリーズライフ(田中勝騎手)
「頭数が少なかったですからね。馬もフックラしていて、状態も良かったです。距離はマイルまで持って欲しいです」

2着 ディアセルヴィス(吉田豊騎手)
「上手に競馬はしてます。真面目で一生懸命走る馬です。ペースが遅くなって団子状態になると引っ掛かるところがあるのですが、1頭速い馬がいたので良かったです。ただ、手応えがあって外に出したら、内から来られてしまいました」

3着 ティーハーフ(武豊騎手)
「意外と弾けませんでした。位置取りは仕方ないです。いつもの脚なら交わせるのですが、モタついていました」

5着 ワキノブレイブ(三浦騎手)
「もう少し直線まで前に壁を作って、脚をタメられれば良かったですが…。壁が作れなかった分、早く脚を使ってしまいました」