【羅生門S】(京都)~競り合い制してトラバント [News]
2013/01/20(日) 17:03


京都11Rの羅生門ステークス(4歳上1600万下、ダート1400m)は6番人気トラバント(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(良)。アタマ差2着に2番人気スノードラゴン、さらに1/2馬身差で3着に1番人気エーシンビートロンが入った。

トラバントは栗東・音無秀孝厩舎の5歳牡馬で、父タイキシャトル、母ウィッチズハット(母の父Storm Cat)。通算成績は14戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 トラバント(小牧騎手)
「パルラメンターレが行くと思いましたが、行かなかったので追って前に行きました。それでうまくレースを運べました」

2着 スノードラゴン(国分優騎手)
「終いは元々手応えほど伸びないと聞いていたので、追い出しをギリギリまで我慢しました。着差が着差だけに悔しいですね。でもオープンクラスでも相手なりに走りそうな気がします」

3着 エーシンビートロン(川田騎手)
「もう少し内枠なら…もっとすんなりレースを運びたかったですね」

4着 ルグランヴォヤージ(荻野騎手)
「追い切りでもスタートしてすぐにガツンとハミを取って行く傾向があるので、今日はゲートを出たらケンカせず、ニュートラルな感じでレースを運びました。逃げ馬の後ろで楽に運びました。もう少し道中リラックス出来るようになれば、もっと走ってきそうです」

5着 アイアムルビー(中舘騎手)
「センスのいい馬です。今日は久々の分でしょう」