【猪名川特別】(阪神)~クランモンタナが人気に応える [News]
2012/12/15(土) 16:06


阪神9Rの猪名川特別(3歳以上1000万下・芝1800m)は、1番人気クランモンタナ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5。半馬身差の2着に4番人気ショウナンカンムリが、アタマ差の3着に5番人気サフランディライトがそれぞれ入線。

クランモンタナは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母エアトゥーレ(母の父トニービン)。通算成績は12戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 クランモンタナ C.ルメール騎手
「ゲートがよくなく、もっさりと出ましたが、M.デムーロ騎手から抜け出したらソラを使うと聞いていたので、後ろからレースを運んだのが結果的によかったのだと思います。流れも向きましたし、ブリンカー効果でレースに集中していたのもよかったと思います」

2着 ショウナンカンムリ 浜中俊騎手
「芝のこれぐらいの距離が合っていますね。でも、久々のレースでこれだけのパフォーマンスを見せてくれたことは能力の証明だと思います。次はチャンスです」

3着 サフランディライト 岩田康誠騎手
「3コーナーまでうまくいけたのですが、そのあと4コーナーまでに外に振られて、スタミナをロスしました。でも、力があるのでそこから3着までがんばってくれました」

4着 ローレルブレット 今野貞一調教師
「道中はいい感じで、4コーナーで狭くなって追い出しを我慢する形になりましたが、休み明けということを考えたら、いい内容だったと思います。池添騎手も『自分からハミをとって折り合いもつきました』と言っていました」

5着 マイネマオ 和田竜二騎手
「中団から流れに乗れました。道中かかるほどではありませんでしたが、ハミをとりすぎた分、最後は手応えほど弾けませんでした。うまくハミが抜けていれば、もっと走れたと思います」