【香港スプリント】~ロードカナロアが2馬身半差でV [News]
2012/12/09(日) 17:52


 12月9日(日)に香港シャティン競馬場で行われた香港スプリント。制したのは日本のロードカナロア(岩田康誠騎手)で、勝ちタイムは1分08秒50。2馬身半差の2着にセリースチェリーが、2馬身半差の3着にキャプテンスウィートがそれぞれ入線した。
 なお、日本のカレンチャンは7着に終わった。

レース後のコメント
1着 ロードカナロア 岩田康誠騎手
「ロードカナロアでこのレースを勝ちにきました。調子もよく、この馬が通用すると思いレースに臨み、強いことが証明できてよかったです」

安田隆行調教師のコメント
「このレースは世界一のレースだと思っています。勝つためにきましたが、現実になってうれしいですし夢のようです。日本の馬が世界のスプリントに通用することを証明できました。来年も参戦したいです」

7着 カレンチャン 池添謙一騎手
「スタートで寄られてレースになりませんでした」

安田隆行調教師のコメント
「自分の競馬ができず残念ですが、無事に走ってくれてよかったです」

(JRA発表による)