【メイクデビュー】(阪神5R、6R) [News]
2012/12/08(土) 15:38


阪神5Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬、芝1400m)は4番人気シンデレラボーイ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒0(良)。3馬身差2着に2番人気ケイアイヴァーゲ、さらに1馬身1/2差で3着に3番人気サンキストロードが入った。

シンデレラボーイは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母ルスナイクリスティ(母の父リンドシェーバー)。

~レース後のコメント~
1着 シンデレラボーイ(藤岡佑騎手)
「いいスピードがありますし、抑えも利いていました。少しゲートの出は遅かったのですが、出して行ったらうまくハミも抜けました。距離が延びても大丈夫だと思いますし、今後が楽しみですね」

2着 ケイアイヴァーゲ(和田騎手)
「素直でいい馬です。ゲートは気合が乗っていなくてモサッと出たのですが、すぐに取り付けました。ただ、今日は逃げた馬に楽をされてしまいましたね」

3着 サンキストロード(デムーロ騎手)
「スタートも良く、いい手応えでしたが、内に馬がいると怖がってモタれる面がありました。素質はありますし、芝の1400m~1600mくらいが一番合っていると思います」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬、ダート1800m)は1番人気アドマイヤイバマ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒2(良)。1/2馬身差2着に2番人気ニホンピロバロン、さらに5馬身差で3着に5番人気テイエムユキダルが入った。

アドマイヤイバマは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父クロフネ、母スペシャライズ(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤイバマ(和田騎手)
「直線、抜け出してから物見をしてフワフワしていましたが、相手が来ると来る分だけ伸びてくれました。今日は風が強いので、この勝ちタイムは参考外です」

2着 ニホンピロバロン(酒井騎手)
「ゲートは少し出負けしましたが、すぐにいい位置が取れました。ただ、3コーナーでは置かれてしまいました。それでも4コーナーでは手応えが良く、直線では交わせると思いましたが、併せ馬になると勝ち馬が辛抱してしまいました」