12月3日(月)「プリンセスC(水沢)はブリリアントロビンが制す」ほか [全国競馬情報]
2012/12/03(月) 18:00


●●重賞レースの結果●●
<1日(土)>
・水沢競馬場(天候:曇 馬場:重)で行われた第29回プリンセスカップ(第10競走・2歳牝馬・地方全国交流・1着賞金250万円・ダート1400m)は12頭が出走し、道中中団でレースを進めた2番人気となった岩手のブリリアントロビンが、最後の直線で脚を伸ばして逃げ込みを図る3番人気の岩手のワタリルーブルを捕らえ、1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分29秒2。勝利騎手は小林俊彦。4分の3馬身差で3番人気の北海道のシルクダイドウが3着となり、1番人気となった北海道のトチノスカーレットは8着に敗れた。
 ブリリアントロビンは、父プリサイスエンド、母コマドリ(母父コマンダーインチーフ)という血統の牝2歳鹿毛馬。岩手の佐藤祐司厩舎所属馬。5月に北海道でデビューして岩手へ転籍。今回重賞初制覇をはたして通算成績は11戦4勝(中央競馬は未出走)となった。                                             <2日(日)>
・ばんえい帯広競馬場(天候:曇 馬場:3.8)で行われた第37回ばんえいオークス(3歳牝馬オープン・200m[直]・1着賞金90万円)は10頭が出走し、4番人気のタカラハヤヒメ(小林長吉厩舎、大河原和雄騎手騎乗)が優勝した。父(半血)ヤマトゼンシン、母(半血)レディスズラン[その父(半血)]カゲイサムという血統の牝3歳栃栗毛馬。通算成績は47戦8勝となった。
・福山競馬場(天候:雨 馬場:稍重)で行われた第39回福山王冠(第10競走・3歳・1着賞金100万円・ダート1800m)はモンゴールドが除外となって9頭が出走し、ハナを切った3番人気マイネルプレジャーが、2番手で追走した1番人気のキモンエンジェルに最後まで抜かせず、クビ差をつけて逃げ切って優勝した。勝ちタイムは1分58秒1。勝利騎手は福山の嬉勝則。3馬身差で6番人気のアグリノキセキが3着。
 マイネルプレジャーは、父デュランダル、母ヴォルビア(母父Ski Champ)という血統の牡3歳鹿毛馬。福山の高本敏明厩舎所属。JRAから移籍して6戦目で重賞初制覇をはたし、通算成績は19戦2勝(中央競馬では12戦未勝利)となった。


●●全日本2歳優駿のJRA所属出走予定馬及び補欠馬●●
・12月19日(水)に川崎競馬場で行われる第63回全日本2歳優駿(JpnI、2歳、ダート1600m)のJRA所属出走予定馬及び補欠馬は以下の通り。

【出走予定馬:5頭】
アップトゥデイト (牡2、佐々木晶三厩舎/岩田康誠騎手)
アルムダプタ   (牡2、五十嵐忠男厩舎/幸英明騎手)
ケイアイレオーネ (牡2、西浦勝一厩舎/未定)
ノウレッジ    (牡2、二ノ宮敬宇厩舎/未定)
ロゴタイプ    (牡2、田中剛厩舎/未定)

【補欠馬:5頭】(補欠順位順)
サマリーズ    (牝2、藤岡健一厩舎/未定)
ドコフクカゼ   (牡2、友道康夫厩舎/未定)
カオスモス    (牡2、森秀行厩舎/未定)
タプローム    (牝2、斎藤誠厩舎/未定)
ワイルドドラゴン (牡2、二ノ宮敬宇厩舎/未定)

(JRA発表による)


●●JBCレディスクラシックの格付けがJpnIとなる●●
・2013年の競走の格付けが日本グレード格付け管理委員会によって行われ、地方競馬で実施されるダート交流重賞の以下の競走が新規に格付けを取得した。

<新規に格付けを取得した競走>
 JBCレディスクラシック 
<格付け>
 JpnI

※JBC競走は毎年地方競馬の競馬場で持ち回りの形で開催され、2013年は11月4日(振・月)に金沢競馬場で行われる。今回の格付けにより、一日に3つのJpnI競走が行なわれることになった。

(NARのホームページによる)

(担当:小林雅巳)