【メイクデビュー】(阪神6R、7R) [News]
2012/12/01(土) 15:07


阪神6Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬、ダート1400m)は2番人気ミヤジエルビス(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒1(良)。6馬身差2着に3番人気ロレーヌクロス、さらに1馬身1/2差で3着に1番人気キングズウェザーが入った。

ミヤジエルビスは栗東・川村禎彦厩舎の2歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母キャタラクト(母の父Storm Cat)。

~レース後のコメント~
1着 ミヤジエルビス(和田騎手)
「攻め馬通りならこれくらいは走ると思っていましたが、今日は太め残りでしたからどうかという感じでした。でも緩さが残っていてこれだけ走るのですから、ダート短距離なら今後かなり走ってきそうですね」


阪神7Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬、芝1600m)は3番人気タマモプラネット(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒0(良)。1/2馬身差2着に1番人気シナジーウィスパー、さらに3馬身1/2差で3着に2番人気サダムロードショーが入った。

タマモプラネットは栗東・小原伊佐厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母チャームスター(母の父タマモクロス)。

~レース後のコメント~
1着 タマモプラネット(幸騎手)
「ゲートの中ではうるさかったのですが、タイミング良く出てくれました。今日は能力だけで勝ってくれました。今後はゲートが課題ですね」

2着 シナジーウィスパー(ウィリアムズ騎手)
「デビュー戦としていい経験が出来て、上々の内容でした。今日は勝った馬が強かったです。距離は1600mくらいが合っていそうです」

3着 サダムロードショー(和田騎手)
「ゲートを出てからブレーキを掛けたり、外に張ったりと怖がりな面があります。残り50mでエンジンが掛かってからはいい脚でした。能力はあるので、レースに慣れて来るといいですね」