【ジャパンC】~外国馬情報 [News]
2012/11/18(日) 17:25


 ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬5頭の今朝の競馬学校での調教状況と、関係者のコメントは以下の通り。
 なお、スリプトラは本日馬場入りしなかった。

●スリプトラ(牡6・イギリス)

<ジョアン・バンクス調教助手のコメント>
「体調は申し分ありません。ここでの生活にもだいぶ慣れてきたようです。昨日の雨のせいで馬場状態が不良だったため、今朝はコースには出さずに、厩舎周りでの20分ほどの曳き運動にとどめました。競馬学校に来て1週間経ちましたが、馬の調子は変わらず順調です。東京競馬場に移動することでまた環境が変わりますが、すぐに慣れてくれると思いますよ」

 なお、スリプトラは本日10:30に競馬学校国際厩舎を退厩し、12:46に東京競馬場へ到着した。

<ジョアン・バンクス調教助手のコメント(東京競馬場到着時)>
「競馬学校からの輸送は何も問題なく、東京競馬場に無事到着しました。馬の調子も非常に良さそうです。明日はコースに出て調教を行う予定です」

●ジャッカルベリー(牡6・イギリス)

<調教状況>
アレックス・ケアンズ厩務員が騎乗して左回りで常歩600m後、速歩2800m、常歩800m

<アレックス・ケアンズ厩務員のコメント>
「調子は引き続き万全で、食欲もいつもと変わらずあります。今朝の調教では、馬場の状態によってはキャンターを行おうと思っていたのですが、昨日の雨の影響で不良馬場だったため、速歩までにとどめました。明日の調教予定はまだ決めていませんが、特別なことはしません。東京競馬場に移動するまでは、基本的には毎日同じメニューをこなします」


●マウントアトス(セン5・イギリス)

<調教状況>
デイジャシ・デ・ソウサ厩務員が騎乗して左回りで常歩600m後、速歩2000m、常歩800m、速歩1600m、常歩600m

<チャールズ・ヘンソン調教助手のコメント>
「嬉しくなるくらい馬の調子は良いです。昨日の雨で馬場が重かったので、今朝の調教は速歩までにしました。明日の調教内容はまだ決めていません」

●レッドカドー号(セン6・イギリス)

<調教状況>
ロビン・トレヴァー調教助手が騎乗して左回りで速歩1000m後、常歩400m、速歩4400m

<ロビン・トレヴァー調教助手のコメント>
「調子は好調です。今朝は不良馬場だったので、常歩と速歩までの調教にしました。明日の調教内容については、馬と馬場の状態を総合的に見て判断します」

●ソレミア(牝4・フランス)

<調教状況>
ジェレミー・コーヘン調教助手が騎乗して左回りで常歩200m後、速歩1000m、常歩400m、軽めのキャンターを1000m(1ハロン27~30秒程度)、常歩400m、軽めのキャンター1200m(1ハロン22~28秒程度)

<ジェレミー・コーヘン調教助手とステファン・デュプレ厩務員のコメント>
「輸送の疲れからは完全に回復しました。日本のニンジンとミネラルウォーターをとても気に入っているようです。今朝の調教では軽めのキャンターを行いました。調子は良かったのですが、昨日の雨で馬場が重かったので、軽めの調教にとどめました。馬場が回復したら、明日はもっと強めの調教をする予定ですが、とりあえず今は様子を見ています」

(JRA発表による)