【ジャパンカップ】~外国馬5頭、今日(15日)の調教状況 [News]
2012/11/15(木) 15:18


 ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬5頭の、競馬学校における今日の調教状況、及び関係者のコメントは以下の通り。

●スリプトラ(牡6歳・イギリス)

 今朝はポール・デル厩務員騎乗、左回りでダク400m後、キャンター1400m(1ハロン14~20秒程度)。

ポール・デル厩務員の話
「体調も良く、食欲も旺盛で、昨夜はいつもより多く食べました。今朝の調教も、昨日と同様にダクとキャンターで馬場を1周し、最後の直線は、少し強めのキャンターを行いました。今朝の走りにはキレがあったので満足しています。この馬は知的なだけでなく、走ることを楽しめる馬です。楽しんで走っているのが乗り手にも伝わってくるので、人間もハッピーにしてくれる馬です。また、楽しんでるかどうかが、健康状態の目安にもなります」

●ジャッカルベリー(牡6歳・イギリス)

 今朝はアレックス・ケアンズ厩務員騎乗、右回りでダク1200mの後、軽めのキャンター200m。

アレックス・ケアンズ厩務員の話
「疲れもなく体調は良好です。食欲もあり、水もよく飲んでいます。今朝の調教では、厩舎周りで曳き運動をした後、ダートコースでダクと軽めのキャンターを行いました。メルボルンカップに出走したばかりなので、今は軽めの調教にしています」
※今日測定の馬体重は508kg

●マウントアトス(せん5歳・イギリス)

 今朝は馬場入りせず。

チャールズ・ウィリアム・ヘンソン調教助手の話
「昨日は疲れが見られましたが、今日は回復し食欲も出ています。今朝は馬場には入りませんでしたが、厩舎の周りで曳き運動を行いました。調教内容に関しては、本国に居る時と同様に行います」
※今日測定の馬体重は477kg

●レッドカドー(せん6歳・イギリス)

 今朝は馬場入りせず。

ロビン・トレヴァー調教助手の話
「全体的に調子は良く、食欲も旺盛です。今日は馬場入りせず、厩舎周りでの曳き運動にとどめました。調教内容については、今は軽めの調整を心がけています」
※今日測定の馬体重は489kg

●ソレミア(牝4歳・フランス)

 今朝はジェレミー・コーヘン調教助手騎乗、左回りで常歩600m後、ダク1400m、常歩800m。

ジェレミー・コーヘン調教助手、ステファン・デュプレ厩務員の話
「疲労も回復し、食欲も出てきました。日本のニンジンが気に入って、よく食べています。今朝の調教は、常歩とダクを軽めに行いました。競馬学校到着後は、疲労によるイレ込みもありましたが、今日は落ち着いて良い調教ができたと思います」
※今日測定の馬体重は442kg

(JRAからのリリースによる)