【メイクデビュー】(東京3~4R) [News]
2012/10/28(日) 15:54


東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は、7番人気メイショウオオカゼ(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒0。半馬身差の2着に4番人気エピローグブリッジが、3馬身差の3着に3番人気バーディーイーグルがそれぞれ入線。

メイショウオオカゼは栗東・南井克巳厩舎の2歳牡馬で、父スタチューオブリバティ、母オーソードレッシイ(母の父ダンスインザダーク)。

レース後のコメント
1着 メイショウオオカゼ 南井克巳調教師
「大きい割に素軽い馬でパワーもありますし、ダートは向くと思っていました。大型馬ですが、脚元などにまったく不安がありませんからビシビシ追えました。気性は前向きで、かといってテンションが上がりすぎることもありません。やはりダートの方が向いているでしょう」

2着 バーディーイーグル 内田博幸騎手
「少し前に行きたがったので行かせましたが、まだ太いのでバテ気味でしたね。これから使われて変わってくる馬だと思います」

4着 モレサンドニ 蛯名正義騎手
「鳴いて歩いているし、馬がそばに寄ってくると喜んでいるぐらいで、いかにも若いですね。ただ、レースぶりはよかったですよ。ペースもそこそこ流れて、位置取りもよかったし、届くと思ったんですが、追い出してからがもう一息でした。でも、いい馬ですよ。こういうレースができたので次につながると思います」


東京4Rのメイクデビュー東京(芝2000m)は、1番人気アイズオンリー(I.メンディザバル騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒9。3/4馬身差の2着に3番人気トゥルヴァーユが、半馬身差の3着に5番人気ギンザブルースターがそれぞれ入線。
なお、1位に入線したソロルは10着に降着となった。

アイズオンリーは美浦・古賀慎明厩舎の2歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母アイランドファッション(母の父Petionville)。

レース後のコメント
1着 アイズオンリー I.メンディザバル騎手
「ずっとフワフワしていて物見をしていました。物見が終わるとグンと伸びてくれました。切れる脚を持っています。一回使って、次はどう変わってくるか楽しみです」

2着 トゥルヴァーユ 三浦皇成騎手
「いい脚を使っているし、突き抜けるかと思いましたが、内で脚を溜めていた馬に先着されました。トビが大きいけど、緩い馬場でも我慢していたし、もう少し器用なレースができるようになると楽しみです」

3着 ギンザブルースター 福永祐一騎手
「芝っぽい走りをしていない分、柔らかい馬場が合っていたのかもしれません」

4着 シャドウゲーム 岩田康誠騎手
「ガツガツ行きたくなかったし、終いは期待通りの伸びでした。次はもっと思い切って乗りたいです」

10着(1位入線) ソロル C.スミヨン騎手
「子どもっぽいところはありますが、道中はしっかり折り合いがつきました。終いもいい脚で伸びているし、根性もあります。直線は前が壁になり、こういうこと(降着)になってしまって申し訳ないです」