10月15日(月)「岐阜金賞(笠松)はブライトシンプーが制す」ほか [全国競馬情報]
2012/10/15(月) 18:01


●●重賞レースの結果●●
<12日(金)>
・笠松競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われた第36回岐阜金賞(第11競走・SPI・3歳オープン・北陸、東海、近畿、中国地区交流・1着賞金230万円・ダート1900m)は10頭が出走した。1番人気となった愛知のブライトシンプーが、スタートで大きく出遅れたものの息の長い脚を駆使して上がっていき、直線で粘る2番人気の愛知のサカジロスイセイを追い詰めてゴール寸前でアタマ差だけとらえて、初重賞制覇を成し遂げた。勝ちタイムは2分4秒4。勝利騎手は愛知の宇都英樹。3着は5馬身差で3番人気の笠松のマルヨレギュラー。
 ブライトシンプーは、父アッミラーレ、母カリスマテルコ(母父アフリート)という血統の牡3歳栗毛馬。愛知の伊藤定幸厩舎所属馬。通算成績は22戦11勝(中央競馬は未出走)となった。 

 レース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着ブライトシンプー
伊藤定幸調教師
「上も走りましたし、元々、期待していた馬です。何とか1本、大きなところをと思っていて、ここに照準を合わせてローテーションを組んできました。結果を出せてよかったです。本当はもう少し体が大きくなってくれるといいのですが。今後は他場のレースも含めて、さらに大きなところに挑戦していきたいですね」
宇都英樹騎手のコメント
「出遅れてしまいましたが、レースが流れていたし、普通に出ていても、あれぐらいの位置からの競馬になったと思います。このところ1400メートルを使うことが多かったし、今までも伸びきれないところがあって、久々の1900メートルでどうかなとは思っていたのですが、いい脚を使ってくれました。最後はアタマ差だったんですか。自分としては1馬身ぐらいあるような感覚でした」

2着サカジロスイセイ 岡部誠騎手
「内の馬がもう少し粘ってくれていたら、ボクの馬も遊ばずにもうひと頑張りがきいたのですが…」

(笠松競馬のホームページによる)                                                                                <14日(日)>
・ばんえい帯広競馬場(天候:晴 馬場:4.2)で行われた第35回ナナカマド賞(2歳オープン・200m[直]・1着賞金50万円)は9頭が出走し、4番人気のショウチシマシタ(久田守厩舎、菊池一樹騎乗)が優勝した。父(半血)ブラックジョージ、母(半血)テシカガクイン[その父(半血)]キタノローメイという血統の牡2歳青毛馬。通算成績は9戦4勝となった。
・高知競馬場(天候:曇 馬場:重)で行われた『ダービーグランプリ指定競走』の第16回黒潮菊花賞(第7競走・3歳・中国、四国地区交流・1着賞金27万円・ダート1900m)は12頭が出走し、2番人気の西川敏弘騎手騎乗のヒロカミヒメ(牝3歳・大関吉明厩舎所属)が優勝した。ヒロカミヒメはスタートから先団で構え、2周目の向正面で4番人気のケイズイーグルとともに先頭に立つと、ゴール直前まで2頭による激戦を繰り広げ、アタマ差振り切って3歳馬三冠重賞の最後を制した。3歳馬三冠重賞の二冠を獲得し、1番人気のドンスキマーは大差の3着に終わった。
 ヒロカミヒメは、父ゴールドヘイロー、母フジミパルテノン(母父サクラユタカオー)という血統の牝3歳青鹿毛馬。岩手の関本浩司厩舎所属馬。デビューから6戦目の2歳馬の重賞『金の鞍賞』で重賞初制覇を果たし、今年度の3歳馬三冠重賞では『黒潮皐月賞』3着、『高知優駿』2着と順位を上げて今回初の戴冠となった。通算成績は23戦15勝(中央競馬は未出走)となった

 レース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着ヒロカミヒメ
大関吉明調教師
「春にちょっと調子を落としていたので、やっと勝ってホッとした。その一言です」
西川敏弘騎手
「並んでから強い馬なので、今回は良い展開でした。初めから期待していた馬なので、三冠重賞の後の二冠をとれなかったのが残念でしたが、今日は勝てて良かったです。ホッとしました。力的にはこれからの馬だと思います。A級に上がって周りが強い馬になりますけど、強い馬と競って強くなる馬なので、期待しています」

(高知競馬のホームページによる)


●●愛知の角田輝也調教師が地方通算2000勝を達成●●
・愛知の角田輝也(つのだてるや)調教師が、15日(月)に行われた名古屋競馬第2競走をヒシタイフーン(単勝1番人気)で優勝し、1999年1月17日の初出走以来、7526戦目にして地方競馬通算2000勝を達成した。1973年以降に免許を取得した調教師では、最速での2000勝達成となった。

●主な重賞勝ち鞍
 2004年名古屋優駿(名古屋)タカラアジュディ
 2004年東海ゴールドカップ(笠松)ロイヤルセランガー
 2009年東海ダービー(名古屋)ダイナマイトボディ など49勝

(NARのホームページによる)

(担当:小林雅巳)