【りんどう賞】(京都)~クロフネサプライズ 逃げ切って2勝目 [News]
2012/10/13(土) 15:35


京都9Rのりんどう賞(2歳500万下、牝馬限定、芝1400m)は5番人気クロフネサプライズ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒9(良)。1馬身1/4差2着に2番人気ローガンサファイア、さらに1馬身差で3着に4番人気ビリオネアが入った。1番人気スイートメドゥーサはスタート後、騎手が落馬、競走中止となった。

クロフネサプライズは栗東・田所秀孝厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母アイアンブリッジ(母の父トニービン)。通算成績は4戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 クロフネサプライズ(浜中騎手)
「スタートも出て、他に行く馬もいないので、楽にハナに立ちました。スローでレースを運べましたし、攻め馬も良かったですね。距離は延びても大丈夫でしょう。ただ、これ以上テンションは上がって欲しくないですね」

2着 ローガンサファイア(佐藤哲騎手)
「スローペースの中、ポジションをしっかり取って、最後もしっかり反応してくれました。ただ、前が楽をしすぎましたね。でもこの馬はブレーキングもしっかり安定して、直線が長いところでも戦えそうなレース振りでした」

3着 ビリオネア(幸騎手)
「ゲートの1歩目が遅れて後ろから、3~4コーナー外を回りながら、直線は伸びています。力があります」

4着 モーニングコール(和田騎手)
「外に行きたがるような面がありましたが、前に壁を作って無理に行かないようにレースをしました。3コーナー過ぎて、しっかり反応して伸びています。これがいい経験になって、競馬を覚えてくれればいいですね」