【愛宕特別】(京都)~伏兵ショウナンマオがまんまと逃げ切る [News]
2012/10/06(土) 16:24


京都10Rの愛宕特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は、6番人気ショウナンマオ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒9。3馬身差の2着に4番人気タナトスが、クビ差の3着に2番人気テイエムドンマイがそれぞれ入線。

ショウナンマオは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ショウナンハピネス(母の父Kris S.)。通算成績は9戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ショウナンマオ 浜中俊騎手
「スッと先手を取れて、絡まれずに行くことができました。この馬には絶好の形でした。状態もよかったですし、よくがんばってくれました」

4着 シルクエステート 池添謙一騎手
「いいポジションを取れましたが、ゴールまで手前を替えずに右手前のままでした。ジリジリと伸びてきているだけに……。このクラスでも十分やれる力はあります」

6着 キングブレイク 藤岡佑介騎手
「具合はよさそうでした。外目で揉まれず、流れに乗って絶好のポジションだと思ったのですが……。まだ真剣に走っていない感じです」