【オールカマー(GII)】(中山)~ナカヤマナイト 重賞2勝目 [News]
2012/09/23(日) 16:54


中山11Rの第58回オールカマー(GII、3歳上、芝2200m)は2番人気ナカヤマナイト(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒5(重)。1馬身1/2差2着に4番人気ダイワファルコン、さらに3/4馬身差で3着に6番人気ユニバーサルバンクが入った。

ナカヤマナイトは美浦・二ノ宮敬厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母フィジーガール(母の父カコイーシーズ)。通算成績は17戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ナカヤマナイト(柴田善騎手)
「この馬は折り合い面が課題なのですが、今日は道中リラックスして自分のペースでレースを走ることが出来ました。それが最後の脚に繋がったと思います。道悪で少し脚を取られましたので、もっと馬場が良ければもっといいパフォーマンスが見せられたと思います。ジワジワとここまで成長して、思った通りになってきました。さらに上を目指すために、さらに成長することを願っています」

(二ノ宮敬宇調教師)
「この馬の筋肉は柔らかくて、調教をするとうまく筋肉がつくのです。しかし、今日のプラス10キロは思ったよりも増えていましたね。色んな経験を積んで、以前とは精神的に違います。馬がゆったりとしています。これでGIを使えることが決まりましたが、まだ目一杯に仕上げてはいないので、もう少し状態は良くなると思います」

2着 ダイワファルコン(北村宏騎手)
「コスモラピュタとラッキーバニラの2頭が前に行くのは分かっていたので、その外につけるのが理想でした。道中リラックスして走って、思ったように動かすことが出来ましたが、早めに先頭に立たされたのが誤算でした。少しこの馬場にノメっていましたが、やはり力はあります」

(上原博之調教師)
「今日は馬がリラックスして走っていました。ただ、この馬場で4コーナーからずっとノメって走っていましたし、勝った馬は道悪でも走れる馬ですからね。良馬場で今日のようにリラックスして走れれば距離もこなせるでしょう。ここに来てまた力をつけていますし、楽しみです」

3着 ユニバーサルバンク(ピンナ騎手)
「やはりこの道悪でしょうか。何度かこの馬のレースビデオを見たのですが、今日は行きっぷりが思っていたものと違いました。良馬場だったらもっと際どい差になっていたと思います」

4着 ルルーシュ(藤沢和雄調教師)
「スムースに先行出来て、前の2頭が下がってきた時もうまく捌けたんですが、外からユニバーサルバンクに来られたりしてスムースに動けなかったのが残念でした」

7着 サンテミリオン(三浦騎手)
「トモが良くなってきて状態も良くなって、ハミの取り方も変わってきました。これでいい方向に進んでくれればいいですね」