【札幌2歳S】(札幌)~人気のコディーノが早め先頭から押し切る [News]
2012/09/01(土) 16:57


札幌11Rの札幌2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は、3番人気コディーノ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒5。1馬身3/4差の2着に1番人気ラウンドワールドが、2馬身半差の3着に9番人気エデンロックがそれぞれ入線。

コディーノは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 コディーノ 横山典弘騎手
「強かったです。前回はセンスと能力だけで勝ってくれたようなものでしたが、今日はゲートも出ましたし、折り合いもつきました。追ってからの反応もよかったですし、時計も大幅に詰めてくれましたからね。まだ若いですから、とにかく今後も無事にいって欲しいですね」

藤沢和雄調教師のコメント
「今日は引っかかることもなかったですし、反応もよかったですね。この血統は少し気の乗りやすいところがあるので、そこが少し心配でしたが、今日の競馬を見るかぎり大丈夫そうです。このあとはノーザンファームに放牧に出して、今後のことはこれから考えます」

2着 ラウンドワールド 岩田康誠騎手
「まだ完成形ではありません。徐々に力をつけている段階です。負けたことは悔しいですが、次がんばりたいと思います」

3着 エデンロック 三浦皇成騎手
「地力の高さを見せてくれました。ゲートの中で気が入りすぎて、駐立があまりよくなかったのですが、出たなりでと思って行きました。最後は期待通りに伸びてくれましたし、まだまだこれからよくなりますよ」

4着 ロゴタイプ 村田一誠騎手
「やはり距離があったほうがいいですね。よくがんばってくれました。あとは今後どれだけ成長してくれるかでしょう」

7着 トーセンパワフル 内田博幸騎手
「勝った馬と同じような位置につけられたのですが、追ってからの反応がよくありませんでした。折り合いはついていたのですが……。まだ2戦目ですから、この先よくなってくれればいいですね」

9着 マイネルホウオウ 柴田大知騎手
「折り合いはついていたのですが、追ってからが……。どうしてなのか、敗因がわかりません」