8月27日(月)「オーバルスプリント(浦和)、スーニなど出走へ」他 [全国競馬情報]
2012/08/27(月) 17:04


●●オーバルスプリント(9月13日・浦和)、スーニなどが出走へ●●

 来月13日(木)に浦和競馬場で行われる交流重賞・テレ玉杯第23回オーバルスプリント(1400m)のJRAからの出走予定馬、補欠馬は以下の通り。スーニ、このレース連覇がかかるダイショウジェットなどが登録した。

★出走予定馬(JRA所属馬の出走枠は4頭)
ガブリン        牡10
スーニ         牡6
ダイショウジェット   牡9
ピイラニハイウェイ   牡7

○補欠馬(補欠順位順)
アースサウンド、デュアルスウォード、スエズ、アウトクラトール、エーシンリジル


●●雑賀正光調教師(高知)、早くも年間200勝を突破●●

 高知の雑賀正光調教師は、25日(土)の高知7レースで管理馬ビックリタイザンが1着となり、今年の勝利数を全国最速で200の大台に乗せた。雑賀調教師は次の8レースも勝って、年間勝利数を201まで伸ばしている。

 雑賀調教師は昨年、年間265勝を挙げ、2位を30勝以上引き離す断然の成績で地方競馬全国リーディングを獲得。これは、2009年に名古屋の角田輝也調教師が作った従来の記録(239勝)を塗り替えるものだった。今年も現在、2位につける角田輝也調教師を80勝以上引き離してリーディングを独走している。今年の残り4か月で自身の最多勝記録更新、さらに前人未到の「年間300勝」到達なるかにも注目が集まる。

 ちなみに、現在勝率と連対率では、愛知の川西毅調教師が断然の首位。26日(日)終了時点では247戦88勝2着64回、勝率は35.6パーセント、連対率は61.5パーセントと驚異的な数字をキープしている。

(NARウェブサイトを参考にした)


●●TCK、ゴルトブリッツへの献花台をきょうから設置●●

 24日(金)に腸ねん転で死んだゴルトブリッツの死を弔うため、TCK大井競馬場では、27日(月)から31日(金)まで、ゴルトブリッツへの献花台を設置することになった。各日開門から最終レース確定まで、正門総合案内所前で献花を受け付ける。

 ゴルトブリッツは今年の帝王賞でGI(JpnI)初制覇を飾り、秋のダート戦線での活躍を期待されていた。

(TCKリリースによる)


●●建依別賞(24日・高知)はリワードアリオン圧勝、雑賀正光厩舎勢がワンツーフィニッシュ●●

 24日(金)の高知競馬場で行われた重賞=第35回建依別賞(1400m・10頭)は、1コーナーで先頭を奪った3番人気のリワードアリオン(永森大智騎乗)が直線でさらに後続を引き離し、6馬身差で圧勝した(タイム1分29秒5)。2着は2番人気のシーアクロスで、雑賀正光厩舎の2頭が1,2着を独占した。1番人気のナムラハンターは3着。

 リワードアリオンは父ジャングルポケット、母リワードエンプレス(その父オペラハウス)という血統の6歳牡馬。通算成績は25戦14勝(うちJRA3戦1勝)。昨年2月に高知転入後は18戦13勝、今年4月からの連勝を8に伸ばした。


●●ばんえい大賞典(26日)はブラックボスが制してまず一冠●●

 「ばんえい3歳三冠」の第一関門として26日(日)に行われた重賞=第37回ばんえい大賞典(出走10頭)は、2番人気のブラックボス(松田道明騎乗)が2分02秒0で勝ち、三冠への挑戦権を得た。1秒7差で5番人気のワールドピサが2着、3着に8番人気ニシキウンカイが続き、1番人気のニシキエーカンは4着。

 勝ったブラックボスは父半血エビスカチドキ、母半血汀朝(その父半血ヒカルタイコー)という血統で、皆川公二調教師の管理馬。通算成績は18戦10勝、重賞はナナカマド賞、ヤングチャンピオンシップに続き3勝目。


●●主な2歳戦の結果●●

<水沢>
★26日(日)に行われたJRA認定未勝利戦フューチャーステップ(1400m)では、1番人気だったプリサイスエンド産駒の牡馬ヴェルシュナイダー(菅原勲厩舎、内田利雄騎乗)が勝ち、3戦目で認定を獲得した。

<川崎>
★24日(金)に新馬戦スパーキングデビューが2鞍組まれ、第1レース(900m)ではメイショウボーラー産駒の牡馬ファイアーベル(安池成実厩舎、今野忠成騎乗)が1番人気に応えて勝った。

★第2レース(900m)では、4番人気だったスウェプトオーヴァーボード産駒の牝馬キョウエイサウンド(武井和実厩舎、山林堂信彦騎乗)がクビ差の接戦を制している。

<佐賀>
★26日(日)に行われたJRA認定の2歳1組(1400m・11頭)では、1番人気のタカノアラエビス(三小田幸人厩舎、真島正徳騎乗)が逃げ切ってデビュー2連勝を飾った。父スウェプトオーヴァーボード、母が2006年の九州ジュニアチャンピオン(佐賀)を勝ったハシリノキョショウという血統の牡馬。