8月23日(木)「スパーキングサマーカップはクラーベセクレタ逃げ切り」ほか [全国競馬情報]
2012/08/23(木) 14:05


●●スパーキングレディーカップ(川崎)はクラーベセクレタ逃げ切り●●

 22日(水)川崎競馬場(晴・良)で行われた地方全国交流の重賞・第9回スパーキングサマーカップ(1600m・頭)は、断然人気の牝馬クラーベセクレタ(戸崎圭太騎手)が1分40秒3で難なく逃げ切り3馬身差の勝利。2着は2番手を追走した7番人気のルクレルク、3着は5番人気のスターシップで、船橋勢が上位を占めた。

 勝ったクラーベセクレタは父ワイルドラッシュ母シークレットルーム(その父タイキシャトル)の牝4歳鹿毛馬、船橋・川島正行厩舎の管理馬。通算成績19戦12勝、これが重賞11勝目となった。


●●MRO金賞(金沢)は愛知の牝馬スズカウインダーが逃げ切り3連勝●●

 21日(火)金沢競馬場(晴・良)で行われた3歳馬による北陸・東海・中国・近畿地区交流の重賞・第56回MRO金賞(1700m・9頭)は、1番人気の愛知の牝馬スズカウインダー(戸部尚美騎手)が1分50秒7で逃げ切り、3連勝で重賞3勝目。2馬身半差の2着にケイアイプリンス、さらに1馬身遅れの3着ナムラプラトーン。

 勝ったスズカウインダーは父スズカマンボ母サンウインダー(その父アフリート)の牝3歳鹿毛馬、愛知・川西毅厩舎の管理馬。通算成績20戦7勝、3連勝で重賞3勝目。

 なおこの競走は、JRA菊花賞のステップ競走の代表馬選定競走であり、勝った牝馬スズカウインダーには、ステップ競走への出走権が与えられる。


●●王冠賞(門別)はニシノファイター逃げ切りV●●

 23日(木)門別競馬場(曇・良)で行われた3歳馬による第33回王冠賞(2600m・8頭)は、断然人気のニシノファイター(小国博行騎手)が3分03秒0で逃げ切り勝ち。1馬身差の2着にアベニンプレジャー、さらに2馬身半遅れた3着ゲンキという結果。

 勝ったニシノファイターは父フォーティナイナーズサン母ローレルセレナーデ(その父Southern Halo)の牡3歳栗毛馬、北海道・堂山芳則厩舎の管理馬。通算成績13戦7勝、4連勝で重賞3勝目。

 なおこの競走は、JRA菊花賞のステップ競走の代表馬選定競走であり、勝ったニシノファイターには、ステップ競走への出走権が与えられる。


●●アスカリーブル、秋華賞(GI)のステップ競走出走へ●●

 船橋の3歳牝馬アスカリーブル(川島正行厩舎)が、秋華賞(GI)のステップ競走に出走することになった。陣営は、中山競馬場で行われる紫苑ステークスを第一希望としている。

 アスカリーブルはブラックタキシード産駒で、通算成績は13戦9勝。現在、東京プリンセス賞、関東オークス、黒潮盃と重賞3連勝中。

(関東地方公営競馬協議会発表のリリースによる)


●●各地の主な2歳戦の結果●●

●21日(火)

・門別
 
 7RのJRA認定アタックチャレンジ牝馬限定未勝利戦(1200m・12頭)は、スタチューオブリバティ産駒のグロリーレヴュー(坂下秀樹騎手)が1分16秒4で人気に応えて逃げ切り、4戦目の初勝利。

 ※なお、この日の門別競馬は、8R以降、濃霧のため競走取り止めとなった。

●22日(水)

・門別

 5RのJRA認定フレッシュチャレンジ新馬戦(1000m・11頭)は、アルデバランII産駒の牝馬ハイマウンテン(桑村真明騎手)が1分02秒0で逃げ切り、4馬身差の勝利。

 8RのJRA認定アタックチャレンジ未勝利戦(1200m・12頭)は、10番人気の伏兵ファスリエフ産駒の牝馬アウトサイダー(坂下秀樹騎手)が1分16秒5で制して3戦目の初勝利。
 
●23日(木)

・名古屋
 
 5RのJRA認定セレクトゴールド(1400m・12頭)は、スペシャルウィーク産駒のホウライジェントル(柿原翔騎手)が1分29秒3で逃げ切り3馬身差の勝利。

・門別
 
 5RのJRA認定フレッシュチャレンジ新馬戦(1200m・9頭)は、ネオユニヴァース産駒の牝馬マヒナズヒル(服部茂史騎手)が1分15秒7で、7馬身差の独走を決めた。

 6RのJRA認定アタックチャレンジ未勝利戦(1700m・7頭)は、ダイタクリーヴァ産駒のヴイゼロワン(阿部龍騎手)が、2番手追走から直線抜け出し、1分54秒4で3戦目の初勝利。

 9RのJRA認定ウイナーズチャレンジ(1700m・10頭)は、クラキングオー産駒のクラグオー(宮崎光行騎手)が、2番手追走から直線抜け出し、1分54秒2で3勝目をあげた。