【KBC杯】(小倉)~グラッツィアがクビ差しのぐ [News]
2012/07/29(日) 16:50


小倉11RのKBC杯(3歳以上1600万下・ダート1700m)は、2番人気グラッツィア(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒1。クビ差の2着に7番人気プレファシオが、半馬身差の3着に10番人気メイショウエバモアがそれぞれ入線。

グラッツィアは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母フェアリーバラード(母の父Sadler's Wells)。通算成績は14戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 グラッツィア 浜中俊騎手
「1コーナーでペースが随分と落ち着いてしまい、持久力を生かすこの馬には違う展開になりましたが、しっかり我慢してくれました。タフな競馬で勝てたのは価値があります」

2着 プレファシオ 藤岡康太騎手
「スタートが安定して、いい位置で競馬ができましたし、モタれるところもありませんでした。外に出してからはいい脚でしたね」

3着 メイショウエバモア 松山弘平騎手
「内枠だったらもっと楽だったと思いますが、向正面でペースが落ち着いてからもスムーズに行けました。休み明けを一度使ってよくなっていましたし、これからさらによくなると思います」

4着 キラウエア 北村友一騎手
「ペースが落ち着いたので、上がりが速くなると思い、踏み遅れないように気をつけました。よく伸びていますが、内と外の差もあったと思います」

10着 グッドマイスター 大野拓弥騎手
「今日はゲートがすべてです」