7月19日(木)「読売レディス杯(金沢)はエーシンクールディ逃げ切り勝ち」ほか [全国競馬情報]
2012/07/19(木) 17:03


●●読売レディス杯(金沢)はエーシンクールディ逃げ切り勝ち●●

 17日(火)金沢競馬場(晴・良)で行われた牝馬限定の地方全国交流重賞・第30回読売レディス杯(1500m・11頭)は、断然の人気を集めた笠松のエーシンクールディ(岡部誠騎手)が1分35秒4で逃げ切りこのレース連覇、重賞6勝目を飾った。2馬身半差の2着に2番手を進んだ川崎のセンゲンコスモ、3着金沢のロッソトウショウが入った。

 勝ったエーシンクールディは父Distorted Humor母Catalina(その父Storm Cat)の牝6歳芦毛馬、笠松・伊藤強一厩舎の管理馬。通算成績32戦13勝、重賞6勝目。


●●名港盃(名古屋)は伏兵牝馬ミヤジメーテルV●●

 19日(木)名古屋競馬場(晴・良)で行われた第16回名港盃(1900m・11頭)は、3番手を追走した6番人気の伏兵牝馬ミヤジメーテル(大畑雅章騎手)が、4コーナーで先頭に立ってそのまま押し切り、2分01秒9で3馬身差の勝利、重賞初制覇を飾った。2着に1番人気のエーシングレーソロ、さらに3馬身遅れた3着マルヨフェニックス。

 勝ったミヤジメーテルは父ロージズインメイ母ミスサイベリア(その父Giant’s Causeway)の牝4歳黒鹿毛馬、愛知・今津博之厩舎の管理馬。通算成績18戦6勝、重賞初制覇。


●●各地の2歳戦の結果●●

●17日(火)

・門別
 
 4Rの1000m戦(9頭)は、マイネルラヴ産駒のキングブレイド(岩橋勇二騎手)が1分02秒9で7馬身差の逃げ切り勝ち。

 5Rの1000m戦(9頭)は、タイムパラドックス産駒のオグリタイム(川島雅人騎手)が1分02秒3で6馬身差の逃げ切り勝ち。

 7Rの1000m牝馬限定戦(9頭)は、新種牡馬フサイチリシャール産駒イースターエッグ(桑村真明騎手)が1分02秒6で4馬身差の逃げ切り勝ち。

 8RのJRA認定アタックチャレンジ未勝利戦(1200m・12頭)は、フサイチコンコルド産駒の牝馬マダムベガ(桑村真明騎手)が1分16秒4で逃げ切り接戦を制し、通算成績を3戦2勝とした。

・浦和

 1Rの新馬戦(800m・9頭)は、シニスターミニスター産駒の牝馬サレルノ(東川公則騎手)が49秒7で2馬身差の勝利。

 2Rの新馬戦(800m・8頭)は、キャプテンスティーブ産駒のエルジェニー(繁田健一騎手)が48秒5で逃げ切り6馬身差の圧勝。
 
●18日(水)

・浦和

 1Rの新馬戦(800m・8頭)は、アドマイヤマックス産駒の牝馬シモキタハート(的場文男騎手)が49秒1で逃げ切り5馬身差の勝利。

・姫路

 3Rの初出走戦(800m・6頭)は、アドマイヤマックス産駒のグッドタイザン(大山真吾騎手)が49秒4で逃げ切り2馬身差の勝利。

・門別

 4Rの牝馬限定戦(1200m・11頭)は、アドマイヤボス産駒のアヤ(井上俊彦騎手)が1分16秒3で直線抜け出し2馬身半差の勝利。

 5RのJRA認定フレッシュチャレンジ新馬戦(1000m・9頭)は、ロージズインメイ産駒のアウターバンクス(岩橋勇二騎手)が直線抜け出し1分01秒8で1馬身半差の勝利。

 8RのJRA認定アタックチャレンジ未勝利戦(1000m・11頭)は、モルフェデスペクタ産駒の牝馬モルフェメアリー(小国博行騎手)が1分02秒5で3戦目の初勝利。

●19日(木)

・名古屋
 
 1R(800m・4頭)は、スペシャルウィーク産駒のホウライジェントル(柿原翔騎手)が49秒9で4馬身差の逃げ切り勝ち。

・船橋

 4Rの1200m戦(9頭)は、ルールオブロー産駒のリュウトステラ(山田信大騎手)が1分17秒3で勝利。

 6RのJRA認定シーサイドスター特別(1200m・8頭)は、タイムパラドックス産駒のインサイドザパーク(左海誠二騎手)が1分15秒1で4馬身差の勝利、通算成績を2戦2勝とした。

・門別

 6Rの1200m戦(12頭)は、タイキシャトル産駒の牝馬ライアンシャーク(阿部龍騎手)が1分16秒8で勝利。

 7RのJRA認定フレッシュチャレンジ牝馬限定新馬戦(1200m・8頭)は、ジャングルポケット産駒のフルミストパーク(佐々木国明騎手)が直線抜け出し1分15秒8で勝利。

 11RのJRA認定アルデバラン賞(オープン・ターフチャレンジ2・1800m・5頭)は、アドマイヤドン産駒のアウトジェネラル(佐々木国明騎手)が、2番手追走から抜け出し、1分59秒1で8馬身差の圧勝、通算成績を3戦2勝とした。