7月5日(木)「スパーキングレディーカップはスティールパス重賞初V」ほか [全国競馬情報]
2012/07/05(木) 11:04


●●スパーキングレディーカップ(JpnIII)はスティールパス重賞初V●●

 4日(水)川崎競馬場(晴・重)で行われたホクトベガメモリアル第16回スパーキングレディーカップ(JpnIII・1600m・12頭)は、重賞初挑戦のJRAスティールパス(蛯名正義騎手)が、直線先に抜けたクラーベセクレタとの競り合いを制し、1分39秒3で重賞初制覇を飾った。半馬身差の2着にクラーベセクレタ、人気のミラクルレジェンドは内から脚を使うも、さらに1馬身半遅れた3着に終わった。

 勝ったスティールパスは父ネオユニヴァース母ロイヤルペルラ(その父ブライアンズタイム)の牝5歳黒鹿毛馬、栗東・松田国英厩舎の管理馬。通算成績18戦6勝、重賞初挑戦で初勝利を飾った。

<レース後の関係者のコメント>

1着 スティールパス(蛯名正義騎手)
「初騎乗でしたが、しっかりと乗り込まれていて、順調だったと聞いていましたし、状態も良かったのだと思います。(ダートの)1600mが初めてですし、いつものこの馬の競馬だと小回りの川崎で、外を回らされて届かない、という考えもありましたから、ある程度いい位置を取りに行くことは考えていました。ただ、折り合いが難しい面があるので、一気にではなくてじわっと出して行こうという意識はしていましたね。人気馬を見ながらいい手応えで行けましたが、前の馬(クラーベセクレタ)も手応えが良いように見えましたから、最後は何とかかわしてくれ、という思いでした。終いはしっかりしていますから、その辺りをうまく今後も生かしていければいいですね」

(松田国英調教師)
「ハギノハイグレイド(2002年の川崎記念で2着)の頃からここにたくさん馬を連れてきましたが、小回りでなかなか難しいコースでしたから、今日この馬を連れて来て、勝ててよかったです。サトノジョリーを関東オークスに連れてきた時に、やはりここでは前々につけて行かないと、と考えましたし、1600mですから思い切り競馬をして欲しいな、と思っていました。折り合いも考えなくてはいけませんが、ちょうど良い所で折り合いがつきましたし、4コーナーで外からじわっと伸びてきたときには、これならと思って見ていました。まだまだ奥がありそうです。JRAでは1400mを中心に使っていましたが、このコースなら1600mが一番良いかも知れません。折り合いさえつけば、小回りを上手く使って対応できると思います。今後もぜひ、大きなレースでここにたくさん馬を連れて来たいですね」

2着 クラーベセクレタ(戸崎圭太騎手)
「もっと早く先頭に立っても良かったくらいでしたね。2着でしたが、着差も1/2馬身しかなかったですから、巻き返せると思います」

5着 ミヤサンキューティ(真島大輔騎手)
「コーナーごとに入りで振られるところはありましたが、もう少しコーナーが大きいところなら大丈夫でしょう。初めてのマイル戦でいきなりこの相手でしたが、いい内容でした。今後に向けて手応えを掴めました」

(取材:大関隼)


●●グランシャリオ門別スプリントはアグネスポライトV●●

 3日(火)門別競馬場(晴・良)で行われたスーパースプリントシリーズのグランシャリオスプリント(1000m・8頭)は、3番手追走から直線抜け出したアグネスポライト(佐々木国明騎手)が59秒9で勝利。2馬身差の2着に追い込んだクラジェントリラブ、さらに1馬身差の3着ギンゲイ。人気のクイックスターは5着に敗れた。

 勝ったアグネスポライトは父Forestry母Tapstress(その父Desert Wine)の牡8歳鹿毛馬、北海道・佐久間雅貴厩舎の管理馬。通算成績37戦3勝。


●●各地の2歳戦の結果●●

●3日(火)

・門別
 
5Rの未勝利戦(1000m・11頭)は、アドマイヤコジーン産駒のクリノイチフジ(桑村真明騎手)が1分02秒2で人気に応えて3戦目の初勝利。

 6Rの牝馬限定戦(1000m・12頭)は、タイムパラドックス産駒のミサトアップ(佐々木国明騎手)が1分02秒6で5戦目の初勝利。

 7RのJRA認定フレッシュチャレンジ新馬戦(1000m・8頭)は、タニノギムレット産駒の牝馬サザランディー(坂下秀樹騎手)が1分02秒0で人気に応えて大差の圧勝。

・川崎

 1Rの特選(1400m・6頭)は、アドマイヤジャパン産駒のウィンゲイル(戸崎圭太騎手)が、1分31秒6で2番手から抜け出し2戦目の初勝利。

●4日(水)

・門別

 5R(1200m・11頭)は、アルカセット産駒の牝馬アミーカ(坂下秀樹騎手)が1分17秒1で中団から差し切り、3戦目の初勝利。

 7RのJRA認定牝馬限定フレッシュチャレンジ新馬戦(1000m・10頭)は、Pure Prize産駒のラゴディラゴライ(服部茂史騎手)が1分02秒5で中団から差し切り勝ち。

 8RのJRA認定アタックチャレンジ未勝利戦(1200m・12頭)は、タイキシャトル産駒のヘンゲンジザイ(佐々木国明騎手)が1分15秒6で直線抜け出し3馬身差の勝利。

●5日(木)

・門別

 3R牝馬限定戦(1200m・8頭)は、ストラヴィンスキー産駒のタンスチョキン(宮崎光行騎手)が1分15秒4で3馬身差の勝利。

 5R牝馬限定戦(1200m・9頭)は、フサイチコンコルド産駒のマダムベガ(宮崎光行騎手)が1分15秒8で4馬身差の逃げ切り勝ち。

 7RのJRA認定フレッシュチャレンジ新馬戦(1200m・7頭)は、ティンバーカントリー産駒のカイカヨソウ(五十嵐冬樹騎手)が1分15秒5で差し切り勝ち。

 8RのJRA認定アタックチャレンジ未勝利戦(1000m・11頭)は、マイネルセレクト産駒のコスモアックス(井上俊彦騎手)が直線抜け出し、1分02秒4で2馬身半差の勝利。

 なお、この日の門別競馬は、9Rが濃霧のため競走取り止めとなった。


●●中川雅之調教師(金沢)が初勝利●●

 3日(火)、金沢競馬1レースでリズムディヴァインが勝ち、中川雅之調教師が開業15戦目での初勝利となった。中川雅之調教師は「もう少し早く勝利できていたらと思うが、今日勝利できてほっとしている。これからも一つ一つ大事にし、地道に頑張っていきたい」とコメントしている。

 中川雅之調教師は、今年3月29日で騎手を引退し、調教師に転身。騎手時代は2743勝をあげ、金沢競馬歴代3位の勝利数を記録している。

(石川県競馬事業局からのリリースによる)


●●大井の遠藤健太騎手、福山で期間限定騎乗●●

 大井競馬の遠藤健太騎手(20歳)が、今月7日から9月30日まで、福山競馬で期間限定騎乗することになった。

(TCK特別区競馬組合発表)


●●成田に場外発売所「f-keiba成田」オープン●●

 7月19日(木)11時30分、成田空港近くの芝山町に、場外発売所「f-keiba(エフケイバ)成田」がオープンする。場所は競輪場外発売所「サテライト成田」の2階になり、南関東4競馬場の全レース、全国の地方競馬の一部競走が発売される。

(千葉県競馬組合発表)