6月28日(木)「帝王賞(大井)はゴルトブリッツが制す」ほか [全国競馬情報]
2012/06/28(木) 21:03


●●重賞レースの結果●●
<27日(水)>
・今年前半を締めくくるダート戦線の大一番、統一ダートグレード競走(Jpn1)農林水産大臣賞典第35回帝王賞(1着賞金6000万円、ダート2000)は、JRA勢6頭を含め全国から13頭を集めて行われ、2番人気のゴルトブリッツ(JRA栗東・吉田直弘厩舎、川田将雅騎乗)が直線で一気に抜け出して快勝。新ダート王の座に就いた。
 レースは1番人気のエスポワールシチーが大外枠からダッシュ良く1周目スタンド前で逃げの戦法に出たが、1コーナー過ぎからランフォルセが交わしてペースを握り、それをエスポワールシチー、ゴルトブリッツが追ってその後ろにミラクルレジェンド、4番人気のテスタマッタが続いた。
 4コーナー手前でエスポワールシチーが先頭に並ぶとゴルトブリッツ、テスタマッタ、ミラクルレジェンドらも内外に広がって差を詰めて激戦となったが、鋭い脚を繰り出したゴルトブリッツが外から一気に捉えて後続を3馬身半突き放した。2着にエスポワールシチーが続き、3着にテスタマッタが入った。4着にはシビルウォーが追い込み、内の狭いところに入ったミラクルレジェンドが立て直して5着。上位はJRA勢が独占した。
 勝ったゴルトブリッツは父スペシャルウィーク、母レディブロンド(その父シーキングザゴールド)という血統の牡5歳馬。通算成績は19戦10勝(地方競馬では5戦4勝)。

レース後の関係者の話は以下の通り。

1着 ゴルトブリッツ(川田将雅騎手)
 パドックで凄く落ち着いてましたし、馬場に出て返し馬(ウォーミングアップ)に行ってもいいリズムでキャンターに行けたので調子が良さそうだなと思いました。上手にゲートも出てくれましたし、理想的な流れでいい位置を楽にとれましたし、強い馬たちを見ながらいいリズムで道中運べたので、何も心配することなく乗っていました。今回強い馬を相手にこういうGIを取らせてもらいましたし、秋にはもっとまた大きなレースを取れるように、馬と共に頑張りたいと思います。今回初めてゴルトブリッツはGIを勝てましたし、これから秋、そして来年へと向けて、ますますいい競馬をしてくれるんではないかと期待していますし、ファンの皆さんにも期待していただいて、またこの馬と走る時には精一杯応援してもらえたらなと思います。

(吉田直弘調教師)
「スタッフ、騎手、馬が頑張ってくれたおかげです。ゴルトブリッツが初GI制覇を飾ってくれて嬉しいですが、同時にさらに進化するために課題に取り組まないと、とも思っています。直線もゴルトブリッツしか見ていなかったのですが、いい走りをしてくれました。ぜひこれからも応援して頂けたらと思います」

2着 エスポワールシチー(佐藤哲三騎手)
「距離的に若干長いですし、ナイターで物見をする面があって、探りながら走っていました。ただ、最近では一番良い感じでしたし、しっかりと集中して走っていました。この馬にとってベストな距離ならもっといい勝負が出来るはずです。負けた事は悔しいですが、仕方がありません。今日は納得の出来るレース内容でした」

3着 テスタマッタ(岩田康誠騎手)
「折り合いがつきましたし、前回より成長しているのが感じられました。今後につながると思います」

5着 ミラクルレジェンド(内田博幸騎手)
「狭い所に入ってしまって、出られなかったのが…」

(取材:大関隼)
<28日(木)>
・門別競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われた第37回栄冠賞(第12競走・2歳オープン・H2・シンボリクリスエス賞・1着賞金350万円・ダート1200m)は10頭が出走した。
 外枠からマンボマーチが好スタートからハナを切って逃げ、単勝1.5倍の1番人気となったアウトジェネラルは後方からの競馬となった。道中2、3番手につけていた3番人気のシーギリヤガールが直線に入って先頭に立ち、そのまま押し切って優勝した。勝ちタイムは1分14秒1。勝利騎手は北海道の五十嵐冬樹。4コーナーではシーギリヤガールの後ろまでポジションを上げたアウトジェネラルだったが、先に抜け出されて2馬身差の2着となった。3着は2馬身差で6番人気のベルフォーラヴ。
 シーギリヤガールは、北海道の齊藤正弘厩舎所属。父スターリングローズ、母スパイシーキティ(母父タバスコキャット)という血統の牝2歳栗毛馬。6月5日のデビュー戦を勝ち、2戦目で重賞制覇となった。


●●笠松の南輝幸調教師が引退●●
・南輝幸調教師(65歳)が、7月1日付けをもって調教師を引退することになった。

●南輝幸調教師のコメント
「長い間、調教師を続けてきて、自分なりに納得のいく年齢まではやってこれたかなと思っています。走った馬、そうではなかった馬、いろいろいたわけですが、ウチに入ってきたすべての馬に感謝の気持ちで一杯です」

●南輝幸(みなみ てるゆき)調教師のプロフィール
1946年9月3日生まれ
初出走  1983年4月7日   笠松・オリオンレンジャー
初勝利  1983年4月10日  笠松・ワイルドサスケ(2戦目)
100勝 1987年11月30日 笠松・ダイドウネバー(694戦目)
500勝 2000年4月23日  笠松・コアタイム(3532戦目)

(岐阜県地方競馬組合発表のリリースによる)


●●2歳戦の結果●●
<26日(火)>
●園田(天候:曇 馬場:良)
★初出走2歳(第4競走・2歳・ダート820m・7頭立て)
 エーシンクリアー・牡2歳・兵庫:橋本忠男厩舎・父エイシンサンディ
●大井(天候:晴 馬場:良)
★2歳未受賞(第1競走・2歳・ダート1000m・7頭立て)
 ロイヤルスペシャル・牡2歳・大井:三坂盛雄厩舎・父プリサイスエンド
★2歳(第2競走・2歳・ダート1200m・10頭立て)
 ブラックワード・牡2歳・大井:澤佳宏厩舎・父ブラックタキシード
<27日(水)>
●門別(天候:晴 馬場:良)
★2歳牝馬未勝利(第3競走・2歳・ダート1200m・12頭立て)
 ピッチシフター・牝2歳・北海道:米川昇厩舎・父スズカマンボ
★JRA認定アタックチャレンジ2歳未勝利(第7競走・2歳・ダート1700m・11頭立て)
 チェリーサターン・牡2歳・北海道:廣森久雄厩舎・父スキャン
★JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(第6競走・2歳・ダート1000m・12頭立て)
 エンジェルブレイヴ・牝2歳・北海道:岡島玉一厩舎・父アドマイヤコジーン
★JRA認定ウィナーズチャレンジ2歳オープン(第8競走・2歳・ダート1700m・8頭立て)
 ジェネラルグラント・牡2歳・北海道:廣森久雄厩舎・父ロージズインメイ
<28日(木)>
●門別(天候:晴 馬場:良)
★2歳未勝利(第2競走・2歳・ダート1000m・11頭立て)
 ウインターマジック・牝2歳・北海道:若松平厩舎・父マーベラスサンデー
★2歳未勝利(第4競走・2歳・ダート1200m・11頭立て)
スリリングメモリー・牡2歳・北海道:松本隆宏厩舎・父スリリングサンデー
★JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(第5競走・2歳・ダート1700m・8頭立て)
 セラミックガール・牝2歳・北海道:田中淳司厩舎・父ダイワメジャー
★JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(第6競走・2歳・ダート1200m・10頭立て)
 ラブレインボー・牝2歳・北海道:桧森邦夫厩舎・父フレンチデピュティ
★JRA認定アタックチャレンジ2歳未勝利(第7競走・2歳・ダート1200m・12頭立て)
 メイショウダイコク・牡2歳・北海道:田中淳司厩舎・父スターリングローズ


●●JRA交流競走の勝ち馬●●
<26日(火)>
●金沢(天候:晴 馬場:良)
★獅子吼賞(第9競走・3歳・ダート1500m・11頭立て)
 ルスナイスナイパー・牡3歳・JRA栗東:飯田明弘厩舎・父マヤノトップガン
●大井(天候:晴 馬場:良)
★フォーチュネイトあじさい特別(第9競走・3歳・ダート1800m・12頭立て)
 シルクメガスター・牡3歳・JRA栗東:中村均厩舎・父プリサイスエンド
<27日(水)>
●園田(天候:曇 馬場:良)
★淀川特別(第10競走・3歳以上・ダート1870m・12頭立て)
 ニホンピロララバイ・牡6歳・JRA栗東:作田誠二厩舎・父ホワイトマズル
★ケンタウルス特別(第10競走・3歳以上・ダート1200m・10頭立て)
 タールタン・牡4歳・JRA栗東:村山明厩舎・父Tapit

(担当:小林雅巳)